2011年08月09日

部下に尊敬されるコツ




今日は、5回目の投稿の『しょぼい自分を「大物」に見せる技術』(宝島社)から【部下に尊敬されるコツ】です。




☆どんなに実力があっても、下の者がついてこなければ「裸の王様」だ。大物になりたければ、部下を自在に動かすリーダーシップを身につけろ

☆景気のいい花火を、次から次に打ち上げろ。後のことなど考えるな。大物の仕事は花火を打ち上げることであって、後始末など部下に任せればいい

☆部下に権限を与えるな。自由を与えるな。徹底的に管理してこそ、チームとしての成果が挙がるのだ

☆反抗的な部下には「命令」せず「確認」しろ。「これをやっておけ!」ではなく、「お前ならできるだろ?」と語りかけるのだ

☆口が軽い部下には「自分の美談」や「自分の伝説」をこっそり教えろ。そして、社内外にくまなく噂を広げさせるのだ

☆部下の話をさえぎってでも会話を独占しろ。言葉の量は、そのまま力に直結する

☆結論はいつも自分が出せ。そして部下を言葉巧みに誘導して、「自分が結論を出したんだ」と錯覚させろ

☆パニックに陥っている部下には「落ち着け」ではなく「大丈夫」と声をかけろ。これは自分が緊張したときでも同じだ

☆どんなに素晴らしいビジョンも、語らなければ意味がない。夢やビジョンを語るだけの物語能力を身につけろ

☆部下と飲むときは「ちょっと多めの割り勘」にしろ




※このシリーズも、5回目を数えます。

見方によっては‘やり過ぎ感’が、なくはないですが、共感出来る部分も、いくつかあると、私は思っています。

皆様は、如何でしょうか?!御意見・御感想を、お聞かせ下さい。



この記事へのコメント
上司にもいろんなタイプがあります
部下にも素直な人と反抗的な人もいます。

その相手をよくみて適切な指示が大切なことですね
私も管理職時代が長かったのでその点では苦労をいたしました
ありがとうございます。
Posted by 進藤幸男 at 2011年08月09日 07:15
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

上司も部下も、いろんなタイプの人がいます。

相手により、接し方は、変えていかねば、ならないですね。

生きている限り、勉強です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年08月09日 07:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。