2011年08月14日

未来を拓く“言の葉”より




今日は、読売新聞8月13日の広告で、江原啓之氏のCD『未来を拓く 言の葉』の宣伝文から、素晴らしい4つの言葉を、紹介致します。




☆悲しみが尽きないときは、思い出してください。「誰のために、悲しんでるのか」を。



☆あなたが意識的に「過去」を反省し、「現在」を変えようと決意したとき、あなたの「未来」は輝き始めます。



☆幸せになるための条件は、まず恐れを手放すこと。次に必要なのは、自分の人生の「主人公」になることです。



☆「誰も自分を愛してくれない」と思うときは、あなた自身がそもそも「人」を愛しているかどうか、振り返って下さい。






※このCDには、100のメッセージがあるそうです。

宣伝文の中には『疲れた時に癒やしてくれる』というようなフレーズが、ありました。

この4つの言葉、まさに‘言の葉’ですね。残りの96個のメッセージ、知りたくなりました。



この記事へのコメント
「疲れたときに癒してくれる」・・・これに興味を感じます
「言の葉」それがまさに言葉ですね・・・

昨日、本屋で立ち読みしてしまいました。
これはベストセラーになりますね
Posted by 進藤幸男 at 2011年08月14日 07:54
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

どれも素晴らしい言葉だと思い、採り上げました。本屋で立ち読みされたのですね。偶然ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年08月14日 08:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。