2011年08月15日

日本農業新聞『四季』より



今日は、日本農業新聞の8月14日より『四季』から、一部分を紹介致します。



「明治は遠くなりにけり」という言葉がはやったことがある。明治維新から100年たったころだ。元は中村草田男が大学生だった1931年に詠んだ句で「降る雪や」に続く。母校の小学校を訪れ明治をしのんで詠んだ。

明治どころか、来年は大正元年から100年目を迎える。「大正は遠くなりにけり」か。明治生まれは一番若い人でも、白寿を迎えている。「歳月人を待たず」だ。過去は美化したくなるものだが、きちんと向き合わなければならないものもある。戦争体験だ。





※その後「それでも平和が続いたのは、戦争の悲惨さを家庭や地域で語りつないできたためだ」という内容になっていました。

今年、東日本は地震にも遭遇してしまいました。悲惨な出来事にフタをすることなく、いつまでも語り伝えることで、平和が続いていくのかなと、思います。



この記事へのコメント
100年・・・来年は大正元年から100年目の記念の年になります
どんなことでもいろんなことを伝え続けることが大切なことですね・・・

数年すると忘れてしまうことは多くあります
高齢者も含めて伝えることの大切さを感じています
いろんな機会・チャンスを利用して伝えていきましょう。
Posted by 進藤幸男 at 2011年08月15日 08:11
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。来年が、大正元年から100年目の年だとは、知りませんでした。

人間は忘却の動物と、言われます。忘れてしまうこと、多くあると、思います。

繰り返し、伝えていく大切さ、忘れないように致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年08月15日 18:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。