2011年08月19日

甲子園で起こる“すごいドラマ”




今日は、感じたことを、普通に書かせて頂きます。


今年も私たち観衆を魅了して離さない“筋書きの無いドラマ”は、様々な姿を見せています。


このドラマ、言うまでもなく、甲子園球場の高校野球選手権大会のことです。


今年観戦していて、特に強く感じることがあります。


それは『とてつもない逆転劇の試合が多いこと』です。普通では考えられない逆転劇です。


グランドでプレーする選手たちは、勝利を手にすること一心で、小さい白球を追いかけます。


試合開始から終了まで集中し、最後まで諦めませんし、まして、手を抜くことなんて、考えられません。


今大会でも、何度か垣間見たのが、私たちの勝手解釈で(ワンサイドゲーム気味の展開で)「もう、大丈夫だろう」が、通用しないドラマです。


このノンフィクション・ドラマを通して、何かを感じませんか!


私は“最後まで諦めてはいけないこと”を、強く強く感じました。


皆様は、途中で諦めること、ないですか?


「最後の最後まで、諦めない」・・・この当たり前のこと、考えましょう!


そして“諦めない行動”を、起こしていきましょう!



この記事へのコメント
夏の「高校野球」が甲子園で始まると感じるのです。
「最後まで諦めないこと・・・」そこにはドラマがあります

まさに、筋書きのないドラマですね・・・
今日の第二試合・・・岡山・関西高校が気になるのです
この関西高校の野球部監督は元在職中の会社の私の部下でした
勝って欲しいです・・・
Posted by 進藤幸男 at 2011年08月19日 07:46
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

岡山・関西高校の野球部監督が、元在職中の会社の部下の方なんですね。

相手は強力打線ですね。関西高校、応援します!

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年08月19日 12:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。