2011年08月23日

年代別の平均年収は?!




今日は、NTTドコモのiコンシェル「暮らしのガイド」より、年代別の平均年収が出ていましたので、紹介致します。





国税庁が毎年調査をし、公表する「民間給与実態統計調査」の最新データ(平成21年調査)から、各年代別の平均年収を調べてみました。




□20代前半→243万円 20代後半→328万円


□30前半→377万円 30後半→422万円


□40代前半→466万円 40代後半→478万円


□50代前半→478万円 50代後半→457万円


□60代前半→376万円 60代後半→315万円





この統計データは、一年を通じて勤務した給与所得者の全ての平均年収になっているので、業種や男女、地域の区別のないことに注意して下さい。






※あまり、一喜一憂しないように、しましょう!

しかしながら、国税庁が毎年、こんなデータを出しているとは、全く知りませんでした。



この記事へのコメント
「年代別の平均年収」・・・興味がありますね
やはり40代前半が金額的にはいいのですね・・・

私の元会社は人事考課・能力成果主義・貢献度などがありました
29歳で名古屋支店長になったときの年収は、1.500万円でした
営業本部長となり重要な責任ある立場の時では、2.000万円になっていました。
Posted by 進藤幸男 at 2011年08月23日 08:52
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

進藤様の元会社は、人事考課が、しっかりシステム化されていたのですね。

重要な責任ある立場の場合、しっかりとした会社なら、それに応じた報酬になるのですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年08月23日 11:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。