2011年08月26日

『ガラス張り経営』と『ダム経営』




今日は、財団法人松下社会科学振興財団が運営する、松下資料館の館内案内に記載されていた内容からです。




◎正しい経営の進め方とは・・・松下幸之助が求め訴えた経営道



☆ガラス張り経営

松下幸之助は、内外ともにありのままの姿を知ってもらう「ガラス張り経営」を志向しました。経営の実態について秘密をもたず、公明正大に徹することで、外部の信用は増し、内部では全員が経営に参加しているという意識が育まれました。



☆ダム経営

「ダムは河川の水をせき止め、蓄えることによって、季節や天候などに影響されることなく、つねに一定量の水の供給を可能にする。そのダムのごとく、経営のあらゆる面に余裕が必要である」このような考え方を松下幸之助は「ダム経営」と称して実践していました。






※どこの誰が見ても一点の曇りもなく、市場や経済や時勢が、いかなる状態でも備蓄して、一定量の供給が出せる台所事情を創造すること・・・松下幸之助さんがなさったことは、素晴らしく、後々いつまで経っても風化しないです。



この記事へのコメント
松下さんは、誠実ですね。誠実と簡単に口にする人は多いけど、誠実な人は少ないです。
Posted by 榊原智 at 2011年08月26日 05:56
榊原智様

訪問、ありがとうございます。「誠実と簡単に口にする人は多い」おっしゃる通りです。

まさに、言うは易し、行うは難しですね。行動で誠実を示せるよう、努力致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年08月26日 06:07
「松下資料館」先月に見学会を開催しました。
今の厳しい時代には「松下幸之助語録」が再評価されています。

いま、企業経営者は「松下幸之助経営論」が参考書ですね・・・
近江商人気質も大切です。松下経営論も大切になりました。
ありがとうございます。
Posted by 進藤幸男 at 2011年08月26日 07:21
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

「松下幸之助語録」「松下幸之助経営論」は、いつの時代にも必要なエネルギーのような、気がします。

「松下幸之助語録」で、このブログ内検索して頂くと、10数個ほどの語録がヒットします。

宜しくお願い致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年08月26日 08:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。