2011年08月30日

卵の選別正確に



今日は、8月14日の読売新聞より《卵の選別 正確に》を紹介致します。




鶏卵を洗って選別し、パック包装する装置で国内トップメーカーの「ナベル」(京都市南区)は孵化前の有精卵を検査する装置も開発し、8月中旬から雛の販売業者向けに全国販売する。

発育が止まるなどして不要になった卵を取り除く装置で、卵内での心拍や胎動を検知する技術を世界で初めて取り入れた。

不要な卵をそのままにしておくと、割れて雑菌が健康な卵に広がりかねない。京都の孵化事業会社と共同開発し、発育中止卵などの除去率は99%以上と外国製品を大きく上回った。南部邦男社長(63)は「食卵向けの技術を応用して分野を広げ、海外での営業も強化したい」と意気込む。





※世界的にも誇れる技術力の高さが、ここにもありました。

こうした‘オンリーワン企業’の活躍、これからが楽しみですね。



この記事へのコメント
これからの期待は「オンリーワン企業」ですね・・・
すばらしい発想の企業や製品は多くあります。

しかし、知名度の低さとか営業マンが少なくて苦戦しています
もっと強力な活躍の場を提供する必要性があります
我々の「販路マッチング・ナビゲーター」が少しはお役立ちしています。
Posted by 進藤幸男 at 2011年08月30日 07:29
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。素晴らしい発想の企業や製品は、確かに多くありますね。

進藤様の「販路マッチング・ナビゲーター」は、まさに社会そのものへのお役立ちですね。

私も今後、そういった事業に、関わっていけたらと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年08月30日 07:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。