2011年09月17日

紳士服業界の革命児の取り組みとは?!



以前このブログで、紳士服業界全体のことを採り上げましたが、今日はその中から、“紳士服業界の革命児”と言われている、オンリー会長の中西浩一さんのことを書かせて頂きます(テレビ情報番組より)。




業界初の売り場で、身長・体型(Y・A・AB)



19000円と28000円の均一にした



これは、ツープライスショップとして定着



オーダーメイドが次なる一手



テーラーの品質で、リーズナブルな 価格



生地は、現地から直接4割り減で大量仕入れ



採寸ベルトや採寸用のスーツ



オーダーメイド専門の工場も作る



湿気を与えて生地の変形を防ぎながら、作る



38000円でオーダーを作る仕組みを作った



テーラーは、注文聞いてから作る



お抱えの洋服屋になろう、としている



移動式のテーラーを車で回った



お客様の喜んでいる笑顔が見たい



バーゲンで値引きする事が『お客様を騙してはいないか』



イタリアに渡って勉強した時に『どれを買っても27万リラ』で、これだと思った



『一つの服に、二つの価格は絶対にない』『洋服の産地直送をやりたい』『我々は流通屋では無い』『お客様に応える事が本当のビジネス』





※如何でしたでしょうか?「一つの服に、二つの価格は絶対にない」「お客様に応える事が、本当のビジネス」・・・これって、全ての物事に、通じる気がします。

確かに、なさっておられることが、一筋縄では、ありません。

これが「業界の革命児」と呼ばれている理由なのでしょう。

まさに社名通り、オンリーワンですね。大いに、見習いたいと、思います。



この記事へのコメント
日本は価格激戦及び価格破壊の市場です。
1つの商品に2つの価格はない・・・

在職中に価格戦略で研究した事があります
オンリーワンの価格政策は何度も調査と勉強をしました
難しいですが、実施をしている企業はすばらしいですね・・・
Posted by 進藤幸男 at 2011年09月17日 07:53
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

オンリーワンの価格政策と究極のサービスは、実践出来ている企業は、素晴らしいと、私も思います。

顧客目線の鋭さを、ものすごく感じた、今回の内容です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年09月17日 21:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。