2011年09月26日

地震保険のポイント




今日は、たまたま手にしたフリーペーパー『シティライフ北摂阪神』から【地震保険のポイント】が載っていましたので、紹介致します。




【地震保険のポイント】


★ポイント1・・・地震保険は単独では契約できない

●必ず火災保険とセットで契約すること。
●火災保険の契約期間の途中からでも契約することができる。
●火災保険の契約時に地震保険を契約しない場合は、火災保険の申込書に「地震保険は申し込まない」ことを確認する印を押すことになっている。



★ポイント2・・・住居に使用される建物と家財が対象


●住居のみに使用される建物(専用住宅)、住居と店舗などを併用している建物(併用住宅)、および家財(生活用動産)。
●家財のうち、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属、宝石、美術品などは地震保険の対象外。



★ポイント3・・・契約金額は火災保険の50%が限度


●地震は、いつどこで発生するか予測できず、被害は広域にわたり、損害額が大きくなることから、地震保険では補償内容が制限されている。
●地震保険の契約金額は、基本となる火災保険の契約金額の30〜50%の範囲内で設定する。ただし、建物は5000万円、家財は1000万円が限度。



★ポイント4・・・損害の程度(3区分)に応じて補償


●地震保険は、一度にたくさんの建物や家財に損害が発生した場合でも、保険金ができるだけ速やかに支払われるよう、損害の程度を「全損」、「半損」、「一部損」の3区分に限定。
●建物や家財が3つの区分のいずれかに該当したときに、損害の程度に応じて補償。





※如何でしたでしょう?

地震保険は、単独の扱いがないのを、初めて知りました。

日常生活で使用する家財の補償もしてくれるのは‘優しい’ですね。



この記事へのコメント
東日本大震災で4月15日~20日まで支援に行きました
そこで強く感じたことは「地震保険」の加入者の少ないことでした。

さっそく帰阪して自分の保険契約書を確認しました
地震保険の加入対象でない保険契約会社でしたから
直ぐに、解約して火災保険に地震保険をつけて契約をいたしました。
Posted by 進藤幸男 at 2011年09月26日 08:01
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

直接、支援に行かれて感じられた‘地震保険の少なさ’ですね。

不測の事態があってこその、気づきだと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年09月26日 11:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。