2011年09月30日

人生に現状維持はない!




今日は、【一分間朝礼話材200】からです。




12.前進するか後退するか−−−人生に現状維持はない!




〔今朝の名言〕半途にして怠れば前功を失い未熟に復る

安積良斎(江戸時代後期の儒学者)





何かをやろうとすると必ずといっていいほど、途中で壁にぶつかります。ゴルフでいうと、ある程度までは急速に上達しますが、そこで急に前へ進めなくなります。シングルプレーヤーになるには、必ず越えねばならない壁があるのです。


ところが、この壁は容易には越せません。しかし、越せないからといってそこでやめてしまえば、技術の低下が始まります。ビジネスもこれと同様なのです。最後まで何の苦労もなしにスンナリといくケースはそれほど多くはありません。途中で何らかの壁にぶつかることでしょう。問題なのは、その時です。


急に前に進めなくなったからといって、落胆したり、もうダメだとあきらめて投げ出してしまうようでは、それまでの時間と労力はすべてムダとなってしまいます。どんな壁にぶつかろうとも、決してあきらめてはいけません。乗り越えられない壁はないのです。





※今、壁にぶつかってしまっている人に、知ってもらいたい内容ですね。

大成・成就する人は、必ずと言っていい程、その前に、壁や苦難を乗り越えています。

「幸せは、不幸な顔をして、やって来る」のかも、しれませんね。



この記事へのコメント
仕事・ビジネス・スポーツ・趣味などには必ず壁があります。
スキではじめたことでも壁にぶつかって途中でやめてしまうことがあります。

でも、それを乗り越えたときの感動はすばらしいものになります
私は、ゴルフがスキで熱中しましたが途中で壁にぶち当たりました
それでも、コツコツと続けていたらシングルプレーヤーとなりました。
Posted by 進藤幸男 at 2011年09月30日 07:55
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

どのようなことにも、壁はつきものだと、思っております。

壁を乗り越えることは、その言葉以上の難しさがあります。

何事にも、気持ちを確かに持って、進んでいきたいと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年09月30日 11:08
よくよく考えると、前後でしか物差しが無いと考えるのは少し寂しいな。

前後・左右・斜め・・。とにかくどれだけ小さな一歩でも歩んでいれば、今の自分は過去の自分とは違っている(変化している)んですね。

昨日の自分と今日の自分。

この変化を大事にしたいと考えています。

ありがとうございます。
Posted by 田中勝範 at 2011年10月01日 11:04
田中勝範様

訪問、ありがとうございます。そうですね!前後でしか物差しが無いのは寂しいですね。

どの方向でも、どれだけ小さな一歩でも、歩んでいれば、進歩ですね。

少しでも成長出来ているよう、日々精進してまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年10月01日 11:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。