2011年10月17日

ブラジル市場、成長余地大!!




今日は、10月3日の日本経済新聞の【人こと】より、日産自動車のカルロス・ゴーン社長の言葉を、紹介致します。




〔ブラジル市場、成長余地最も大きく〕


▽‥「ブラジルの新車市場は今後5〜6年で450万〜500万台規模に達する」。日産自動車のカルロス・ゴーン社長はこう予測する。10年実績(約350万台)より30〜40%増える見通しで、日本の市場規模とほぼ肩を並べる。「日産には最も成長余地が大きい市場だ」と強調する。

▽‥同国での日産・仏ルノー連合のシェアは現在約6.5%。「世界平均の10%と比べ低すぎる」と話す。1日には同国のルセフ大統領と面会し新工場建設や技術開発計画について説明。ルノーと合わせた投資額は30億レアル(約1300億円)規模とみられ、2016年にシェアを13%超に引き上げる目標を掲げた。





※BRICsの中の一つ、ブラジルは、何年も前から経済発展を期待されている国です。

日系人も多いこの国は、日本から移住して成功した人たちもたくさん住み、夢を叶える要素も持っていると思います。

私が昔、サッカーをしていた関係で、好きなブラジル。リオのカーニバルに代表される明るい国民性も、大好きです。これからの発展を、応援したいと思います。



この記事へのコメント
ブラジルは世界的にも急成長している国です
日系人の多く住んでいて日本に愛着を持っています

在職中に貿易部門を担当した際にブラジルを強化目標にしました
今では、家庭用品メーカーの進出は多くみられます
これからが楽しみです。ありがとうございました。
Posted by 進藤幸男 at 2011年10月17日 07:33
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

在職中にブラジル進出を、強化されていたのですね。

日本とブラジル、これから、より親密な関係性を持っていけたら、最高だと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年10月17日 07:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。