2011年10月20日

‘不況に打ち勝つ’アイデア仕事



今日は、ある日のテレビ情報番組から『不況に打ち勝つ。地方でも、アイデアひとつで、がっちり第7弾』を、紹介致します。




☆全体が良い事はないが、ピンチをチャンスに変えている





1.トーマス(株)の小野原社長は、駐輪場を無人で経営


PHSで遠隔管理していてトラブルがあっても、遠隔で回避


半永久的に駐輪場を使う



2.大分市の日本フィルム(株)は、指定ゴミ袋を作っている


230の自治体で使われている


下のグリップは収集業者用

この声を反映し年間20億円



3.筑水キャニコムは年間47億円


農業運搬車は、シェア40%


ネーミングがユニークで、日刊工業新聞のネーミング大賞になった


もちろん性能も折り紙付き

楽しい名前を付ける事で、お客様とコミュニケーションもとれる


商売は選択権を持つ側に目を向ける



4.(株)スワニーは、手袋の会社


アメリカ市場で7億円、なぜか


香川は、手袋産地だったが、冬しか売れなかった


単身アメリカに渡り、輸出が増えた


製品に名前を出す事が出来た


フレクサーと言う指がよく曲がる機能は、スワニーオリジナル



5.ケイトラ市は、(株)ユンクスが運営し、内海社長が経営


自分で運送会社をしていた頃、帰り便が空になり、農家から野菜を買って大阪に運ぶ事業を思い付いた


ユンクスは仕入れ方を教えてあげるようになり、初めてプロデューサーの立場になった


他の困っている運送会社にも事業を拡げ、今は年間500億円





※商売の成功のヒントが、ここにもありました。

『必要は発明の母』を、身近に感じた、この日でした。

物事を柔軟に捉え、出来ないかもしれないことを‘どうしたら出来るかの糸口探し’をすることが、肝要だと、思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。