2011年10月26日

“国民”年金と“厚生”年金の違い




今日は、フリーペーパーの就職情報誌『タウンワーク』9月12日号より《意外と知らないQ&A、働く事の基礎を知ろう!》から【国民年金とか厚生年金ってなに?】を紹介致します。



【国民年金とか厚生年金ってなに?】
〜 パートやアルバイトでも入らなきゃいけないの? 〜



加入者が年老いた病気や事故で障害が残った時、また一家の働き手が死亡した時などに、保険給付(年金)を行い、その加入者や遺族の生活を維持・安定させる制度です。

20歳以上の全国民に加入義務のある公的年金が「国民年金」。その国民年金に上乗せ分が加わった公的年金が「厚生年金保険」や「共済年金」で、民間企業の会社員や公務員などがこの保険の対象となります。

保険料は事業主と被保険者の両者で負担し、通常は給与から天引きされます。

パートやアルバイトでも正社員と比較して労働時間・労働日数が4分の3以上であれば、原則として加入資格があります。詳しくは市区町村・年金事務所へ。





※けっこう、わかりやすく説明している、このフリーペーパーの記事。

今さら聞けないような内容ですが、本当に全て、御存知でしたか?!



この記事へのコメント
「国民年金とか厚生年金」
定年後の収入源ですからしっかりと見につけておきましょう。

転職をした人、系列企業へ異動した人、アルバイトの期間の長さ
しっかりと加入期間を調べておきましょう

私の場合は、系列会社へ転籍を何度もしましたから
加入期間に間違いがあり修正するのに時間がかかりました
Posted by 進藤幸男 at 2011年10月26日 09:03
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。「国民年金とか厚生年金」は、定年後の収入源ですね。

『転職をした人』に、私は該当します。加入期間は、要チェックだと、思います。

これからも、進藤様のブログで勉強致します。
いつも、御教示、ありがとうございます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年10月26日 12:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。