2011年11月19日

落ち込まない自分を保つ“2つの習慣”




今日は、たまたま手にした雑誌『リンネル7月号』(株式会社宝島社)より、その中の《心のスイッチの切り替え方》から【落ち込まない自分を保つ「呼吸法」と「捨てる」習慣】です。




【落ち込まない自分を保つ「呼吸法」と「捨てる」習慣】



そもそも僕は落ち込まない。なぜなら、落ち込む状態をつくらないようにしているから。なんだか禅問答みたいですが、毎朝の「呼吸法」で少しその域に近づいた気が。

これは約2年前、合気道との出合いから始めた習慣。以来、ほぼ毎日続けていたら、精神的にも体力的にもみるみるプラスに転じていって。仕事ではハプニングも尽きないし、天災も事故もいつ起こるかわかりませんが、ピンチや非常時こそ発揮されるのが「呼吸法」で得た動じない心。目の前のことに集中し、力まず、前向きに対応できるようになりました。

さらに「捨てる」というのもポイントで、物質はもちろん、思い出やしがらみなと、思考も含めて、いったん取っ払ってみる。すると不思議、一番大切なものだけが見えてくる。その一点がクリアになれば、あとは目標に向かって進むのみ。持ち物が少ないほど、落ち込む要素も少なくなるし、身軽になった分、迅速に行動できるはず。問題が起きても、大切なものがわかっていれば、落ち着いて一歩を踏み出せます。





※これは、ある編集者の人が、書かれた文章です。

捨てるには、もともとの持ち物が少なく、身軽にすることが、ポイントになると思います。

捨てる勇気を、無理してでも創り出すことを、考えてみます。



この記事へのコメント
牧野さん、いつも学びをありがとうございます

“捨てる”  大事ですね

自分を見ても、人を見ても、“ないはずの重い荷物”を背負い込んで
足取りが重くなっていることが、よくあります

変えられないものでマイナスのものは、捨てるものも必要だな・・と感じます
Posted by 尾上 正 at 2011年11月19日 06:39
「捨てる」いつも感じながら気にはしています。
しかし、捨てる勇気が出てこないのです

身軽になれば目標の達成は早くなるとは信じているのですが・・・
いつも行動をしながら何が一番大切かと思いながら一歩を踏み出しています
いつも心に残る言葉をありがとうございます。
Posted by 進藤幸男 at 2011年11月19日 08:49
牧野さん、いつもありがとうございます。
私もいろんなものが家の中にあります。
昨日、たまたま箱がひっくり返り、もう見ないだろう、聞かないだろうというテープがいっぱいでてきました。
捨てます~。

私は毎朝、「レイキ」の呼吸法をしています。
気持ちいいですが、悪いしがらみや思考はなかなか消えないです。

呼吸法を深めて、”捨てる”ことを「習慣化」することですね。

明日は、リサイクルの日なので、家の中スッキリさせます~。
ありがとうございました。
Posted by 武田幸子 at 2011年11月19日 10:51
尾上正様

訪問、ありがとうございます。

“捨てる”ことをしないと“重い荷物”は、どんどん重くなってきます。
そうすると、御指摘の通り、足取りが重くなっていきますね。

“変えられないものでマイナスのものは、捨てるもの”・・・賛成です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月20日 09:32
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。『捨てる勇気が出てこない』・・・意外だと思いました。

『行動をしながら何が一番大切かと思いながら一歩を踏み出す』・・・“行動しながら”という、現在進行形な形が、進藤様の行動力・実践力の表れです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月20日 09:43
武田幸子様

訪問、ありがとうございます。たまたまひっくり返った箱は「もう、捨てていいよ」と、武田幸子様に伝えたかったのだと、思います。

捨てることの習慣化が出来れば、それは必ず習性化すると、思います。

リサイクル日を、頑張って下さいね。また、お会いしましょう。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月20日 09:48
牧野さま、いつもありがとうございます。

捨てる勇気・・・必要かもしれません。

あれもこれも必要とか、いつか必要と思って捨てられないと、身動きが取りにくくなるものです。

私もその傾向があります。

思い切って捨てて、広々とした部屋やこころで深呼吸・・・。

何か新たらしいものが浮かんできそうです。

ありがとうございました。
Posted by 鳥井一 at 2011年11月21日 08:49
鳥井一様

訪問、ありがとうございます。いつも、ありがとうございます。

捨てる勇気は、大きくないと、出来ないかもしれません。

そのうち、身動きが取りにくくなるのは、ここ数年で、痛感したところです。

思い切って捨てないと、新しい良いモノは、得ることは出来ないと、思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月21日 09:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。