2011年11月26日

《万全な準備が納得の結果を生む》




今日は、奥村幸治氏の『夢を夢で終わらせたくない』(出版NPO法人ベースボールスピリッツ)の中より《7.万全な準備が納得の結果を生む》を、御紹介致します。




《7.万全な準備が納得の結果を生む》





僕の小学時代の担任の先生が校長を務める小学校で講演をする機会がありました。そこで、先生が僕にこう言ってくれたのです。「奥村、先生が一番感心していたことは忘れ物をせんかったことや」。振り返ってみれば、本当に一度も忘れ物をした記憶がありません。野球の練習を終えて家へ帰ってきた瞬間に、次の日の用意をしていました。この習慣は今も続いていて、朝に慌てることなく、いい形で1日をスタートさせることができています。前もっての準備は、いつの場面でも非常に大切なことだと思います。

準備という点では、イチロー選手ほど準備にこだわる選手もいません。彼は常に同じスタイルで試合に臨みます。(先にも触れましたが、)いつも同じアップを同じリズムで行い、バッティング練習でもレフト、センター、ライト方向へと順に打って終了します。毎日の練習は、まるでビデオを見ているようでした。打席に入るまでの準備も毎試合同じです。股関節のストレッチ、ゴルフのような大きなスイング、バットをピッチャー方向へ向けて構える動作も、やはり同じです。

常に同じ状態で試合や打席に入るのは、違うことをやって調子が狂った時にそれを言い訳にしたくないのだと思います。また、少しでもいつもと違う感覚があれば、早くそこに気づくこともできる。

イチロー選手のこれまでの数々の活躍も他の者には真似の出来ない周到な準備があればこそ。いろんなプロの選手も見ましたが、イチロー選手ほど準備にこだわり、それを貫いてきた選手は他にいません。安定した結果を出すためには、いかに準備が大切か、ということです。






※「準備にこだわること」を馬鹿にしている人は、いないと思います。

ただ、そうは言っても、なかなか出来ないのが、準備です。

こうした文章を読んで、納得できる結果創出の努力を、していきます。



この記事へのコメント
『準備!』ですよねぇ。私も凄く大事な事だとわかってるのですが、出来ない事の方が多いです。

私の場合、あれこれやりたい事、やらなければいけない事が多過ぎて、時間が無くて出来ない事の悪循環となっています。

優先順位をはっきりさせる!=捨てる物を(やらない事をはっきりさせる!)をいつも考えておかなければいけないと思うのですが、これ自体も時間に追われて出来ていないです。

でも改めてそれを気付かせてもらう事が出来た内容だったので、感謝!感謝!です。有難う御座います(^^)!
Posted by 寺井 慎太郎 at 2011年11月26日 07:27
寺井慎太郎様

訪問、ありがとうございます。準備が出来ないのを、反省出来ない方も、いてると思います。

時間が無くて出来ない事の悪循環は、私も経験することです。

捨てる物を、しっかり捨てていくのが、私の場合、テーマです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月26日 08:51
牧野さま

いつもありがとうございます。

事前準備の大切さは、よく耳にします。

決めたことをやり続けて習慣にする、その実践が成功者へとつながります。

私も朝、手帳を見るところから再チャレンジします。

ありがとうございました。
Posted by 鳥井一 at 2011年11月26日 09:55
サッカーの日本代表 本田圭佑選手も、「準備」という言葉をよく使われます。
とにかく「準備」が大事だとインタビューでも言われていました。

準備がなくては十分な力を発揮できません。
「ぶっつけ本番」って言う場合でも、心の準備は出来ているはずです。
偶然の出会いであてっも、日頃からの準備しが力を発揮してくれるでしょう。

欲を出せば、自分の中でシュミレーションして
どんな対応でもできる準備を十分にしておきたいものですね。
改めて自分の行動を戒めることができました。

ありがとうございます。
Posted by 宮北 公英 at 2011年11月26日 09:59
鳥井一様

訪問、ありがとうございます。

「実践が成功者へとつながる」・・・成功している人の習性が、決めたことを粛々とこなすことですね。

小さなことから、コツコツやってまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月27日 07:08
宮北公英様

訪問、ありがとうございます。本田圭佑選手のこだわりは、イチロー選手のそれと、全く一緒だと思います。

「ぶっつけ本番」は、心の準備だけは、出来ているのですね。

準備を十分にしておくことを、学びました。自分の行動、反省と対策を打ちます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月27日 07:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。