2011年11月28日

電車は何人まで乗れる?!




今日は、『モヤモヤすること』(副題:どうでもいいかもしれないけど、ちょっと気になる疑問を徹底調査)からです(一部要約、削除)。




『電車は何人まで乗れるの?』




朝のラッシュ時にギュウギュウ詰めになる電車。実際、定員人数は、どのようになっているのでしょうか?


東京交通局に問い合わせたら、「鉄道車両の定員は乗客1人当たりの面積で計算し、都営新宿線の場合、運転席のない中間車1両当たり149人、都営大江戸線で100人です」との回答がありました。この時、座席は幅45cm、立席0.3?が1人分の面積の目安。

国土交通省の規定を確認してみると、東京都交通局が回答した定員は、乗客1人1人が快適に乗れるように計算された「サービス定員」ということが発覚。車や飛行機などで定められている定員は、それ以上乗っては危険だという人数を示す「保安定員」で「サービス定員」は、別物です。

電車の場合、強度・性能で定員を超えても安全に運行できるため、定員以上の利用者が乗ることについて、法律で禁止されていません。だから、ラッシュアワーの電車は、あんなに詰め込まれています。

ちなみに、混雑している電車に何人くらい乗り込んでいるかは、混雑率として表現されます。


●100%・・・定員乗車(1人1人が快適な状態)
●150%・・・楽に新聞を広げて読める
●180%・・・折り畳むなど無理をすれば新聞を読める
●200%・・・体が触れ合い相当圧迫感があるが、週刊誌程度ならなんとか読める
●250%・・・電車が揺れるたびに体が斜めになって身動きが出来ず、手も動かせない


これらが目安となっています。

電車の定員では、1900年に施行された鉄道営業法があります。

これは、係員が強制的に定員以上の乗客を車中に乗り込ませることを禁じる法律で、違反すると30円(現行2万円)以下の罰金又は科料に処されるというものです。しかし、ラッシュ時など混雑率200%を超える場合でも乗客が自発的意思に基づいて乗り込んでいることになり、違法ではないそうです。






※如何でしょうか!?

電車の混雑率の捉え方を、私は少々間違っていました。

「知ってて損にはならない雑学」を、手に入れたような気がします。



この記事へのコメント
世の中には、知っていて得する雑学は多くあります
知らなくても苦労はしないが知れば得することもあります

定員乗車はお金を払って快適に乗れることかもしれません
しかし、満員電車に乗る事も試練に耐える学びかもしれません・・・
Posted by 進藤幸男 at 2011年11月28日 08:43
牧野さま

いつもありがとうございます。

電車にサービス定員があることを初めて知りました。

また、混雑率も参考になる数字ですね。

知っているだけで世の中の見方が少し変わることまだまだありそうですね。

電車が面積で定員を決めていることなどちょっと周りに話したくなります。

ちょっとしたことでも知ってるだけで、コミュニケーションのきっかけになります。

良い気づきをありがとうございました。
Posted by 鳥井一 at 2011年11月28日 12:46
なるほど、「サービス定員」という設定があるんですね
昔学生の頃、通学のラッシュ時に電車に乗った時は、
駅員さんが入り口のところで押し込んでてた記憶があります。
今はそうではないんですね。
乗客が自主的に乗り込んだという建前だとは・・・

勉強になります。
ありがとうございました。
Posted by 宮北 公英 at 2011年11月28日 13:50
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

『知っていて得する雑学』『知れば得する雑学』いろいろですね。

『満員電車に乗り、試練に耐える学び』・・・素晴らしい前向き志向を、頂きました。感謝です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月29日 05:59
鳥井一様

訪問、ありがとうございます。

サービス定員は、私も初めて知りました。

混雑率の解釈は、私は間違っていました。

世の中の満員電車に対する見方は、変わりました。

これを是非、コミュニケーションのきっかけにして下さい。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月29日 06:03
宮北公英様

訪問、ありがとうございます。

昔のエピソード、ありがとうございます。

建て前の形、様々ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月29日 06:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。