2011年11月30日

『三年以上の経験』




今日は、会社の社内勉強用に頂いた書籍「トヨタウェイのルーツ」から紹介致します。





☆三年以上の実地の経験を経ずして設計するものではない。豊田佐吉






深く現状を理解するために、現地現物の精神の下で第一線での事実を直視しなければわからない事があることを常に肝に銘じる。






◎解説


自動織機の完成を目指し、豊田喜一郎が経糸停止装置の試験をしていた時、機械の調子が悪いためうまくいかない事があった。原因を調べると、試験を任せた織布工場の技術者が、実際の状況を無視し教科書通りの標準方式で運転を行っていたためとわかり、標準方式を変更させた事があった。


当時の紡織の技術者は見識が高く、注意しても「(当時の紡織業トップメーカーである)鐘紡で多年研究した調整標準方式を教わってその通りやっているから間違いではない」と主張し、容易に変更しようとはしなかった。又、理屈を考えず、先輩から受け継いだ標準方式を金科玉条のように考えているものもいた。


喜一郎はこの件で、「こういう人に試験を委託すると、とんでもない失敗を演ずる。父が三年以上の実地の経験を経ずして設計するものではないといっていたが、成る程だと思った」と記している。






※「石の上にも3年」・・・まさに、これだと思います。答えは現場にあるわけで、教科書だけの‘通り一遍’では、いけないのですね。

思いがけず、トヨタ自動車の歴史に触れ、勉強させて頂いて、いろいろな気づきを頂いております。



この記事へのコメント
「石の上にも三年」・・・
私が入社した会社の上司がいつも言っていた言葉でもあります

理屈を言わずに「三年は無我夢中で頑張れ」・・・
意見とか理屈とか反論は、三年間の経験をしてから言えと~~
その三年間は無我夢中で頑張りました。
Posted by 進藤幸男 at 2011年11月30日 09:20
牧野さま

いつもありがとうございます。

3年黙って続ける人は少ないと思います。

石の上にも三年・・・当たり前で深いです。

私も鍼灸マッサージ師の仕事をしていますが、初めはこの言葉を自分に繰り返し言い聞かせてやってきました。

実際今でもこの気持ちは同じです。

学び⇨経験⇨学び⇨経験

このサイクルが信条になりつつあります。

今では、石の上にも十五年を目指して仕事に取り組んでます。

初心を大切にいきたいです。

ありがとうございました。
Posted by 鳥井一 at 2011年11月30日 09:54
三年以上の実地の経験
確かに3年という期間は、人が一人前になる時間として目安になります。
今の時代は、情報の拡散ややり取りのスピードも格段に早くなり
昔より早く一人前になれた錯覚をするかもしれません。
でも、経験というのは実際に体験したことを言い、
それなりの時間を必ず要するものだと思います。
その経験を元に、自分でアレンジを加え臨機応変に対応できてこそ
やっと一人前と呼ばれて恥ずかしくないのかもしれません。
まさしく、豊田親子の言葉通り第一線での体験をどれだけするかが大事ですね
私も頑張らなければ!

ありがとうございました。
Posted by 宮北 公英 at 2011年11月30日 14:19
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

様々な物事が理解出来るまでの期間としての『三年』なんですね。

現在進行形で、無我夢中・無我熱中・無我集中・無我無心で、頑張ります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月30日 19:02
鳥井一様

訪問、ありがとうございます。

石の上にも三年・・・深いのは、なかなか成就しないからだと思います。

常に、当たり前のことを言い聞かす気持ちは、大切です。

初心を大切にして、一分一秒を、無駄にしないことだと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月30日 19:15
宮北公英様

訪問、ありがとうございます。

『昔より早く一人前になれた錯覚』・・・私もそれを、感じます。現代社会は、進むスピードは、尋常ではないです。

経験を元に、アレンジをして、臨機応変に対応できるのは、万能に近い形ですね。

お互い、頑張りましょう!

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月30日 19:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。