2011年12月16日

日本一短い『家族』への手紙パート3




今日は、〔日本一短い『家族』への手紙〕(角川文庫)より、特別賞を紹介致します。






☆姉へ・・・
きょうだいって何だろう・・・。
あんたの残して行った麦茶を飲んでみた。(東京都53歳)


☆娘へ・・・
三十の愚かな母は
三歳の貴女と別れて
一日も忘れはしない
柔らかなぬくもりを(神奈川県58歳)


☆二男へ・・・
親ばなれする年ごろなのに
オムツ交換
それでいい 生きていて(広島県40歳)


☆ふしぎね、おとうさんと私。
赤ちゃんをあやす時
同じしぐさをしている(宮崎県39歳)


☆母さんの コップがわりの手の水を
もう一度 もう一度だけ
飲みたかったよ(福島県30歳)


☆長女へ・・・
亜希、ありがとう
貴女が不登校になって母さんは、
たくさんの宝物をもらいました。(岡山県46歳)


☆嫁ご 寿美子様
亡妻にまさる毎日の味噌汁。
天使のようなことば。感謝。合掌。(山梨県82歳)


☆おい兄貴
親はちんけな旅行より仕送りを喜ぶもんだ。
俺?俺は次男じゃ。(大阪府25歳)


☆お義父さん、
お義母さんのこと愛してる?
言葉の刀で刺さないで。
お義父さん。(福島県30歳)


☆夫へ・・・
あの世で再び出会うことがあれば、
今度は互いに挨拶だけで行き過ぎましょう。(広島県54歳)






※ひとつずつの言葉が、心に届き、染み渡ります。

言葉をチョイスして、相手の人が和んでくれるように、したいですね。



この記事へのコメント
言葉の不思議を感じてしまいます
短い言葉でも相手に印象に残る言葉もあります。

相手がいつまでも覚えてくれる言葉・・・
心に届く言葉も大切にしたいと思っています
ありがとうございました。
Posted by 進藤幸男 at 2011年12月16日 09:49
家族っていいものです。
当たり前の平凡な日常を「幸せ」と感じれる人が、
このような手紙を書けるのかもしれません。

常々、感謝の心を忘れずにいたいものです。
たまには、家族宛に手紙を書くのも、いいかもしれませんね。

ありがとうございました。
Posted by 宮北 公英 at 2011年12月16日 15:05
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。言葉の不思議、何かしら感じますね。

“心に届く良い言葉”を、是非とも大切にしたいと、強く思いました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年12月17日 06:47
宮北公英様

訪問、ありがとうございます。

家族が常に伝わりあうことが、平凡だけど素晴らしいことなんだと、私も感じました。

普段は照れがあって、なかなか出来ない家族宛のメッセージ。考えてみたいと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年12月17日 06:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。