2011年12月23日

偽コインの見つけ方



今日は、ある方のメルマガのお役立ち情報からの抜粋です。






先日、ある本を立ち読みしていると、面白い箇所がありました。
8つのコインがあります。
そのうち、1つが偽物です。見た目は同じですが、少し軽くなっています。
この8個の中から、天秤を使って偽物を見つけ出すには、最低で天秤を何回使えば、いいでしょうか?
ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
お分かりになりますか?
頭の体操です。
答えは、以下です。






偽コインの見つけ方。
お分かりになりましたか。
何回だと思いましたか?

実は、2回です。

普通で考えると、4つずつ乗せて(1回)、軽い方の4つをもう一度2つに分けて(2回)、軽い方の2つをもう一回天秤に乗せて(3回)、軽い方が偽物となりますので、3回と言いたいところですが、

まず、8つのうち6個を3つずつ天秤に載せます。
もし、全部本物でしたら、釣り合います。
残り2つの中に、偽物があります。次にその2つを載せて、軽いほうが偽物です。

もし、6個ずつ載せたうちに、偽物が入っていると、軽くなった3つの中に偽物があります。

次に、そのうちの2つを天秤に載せます。
釣り合えば、載せなかった残ったコインが偽物。
釣り合わなければ、軽くなった方が、偽物。

なので、2回となります。

いかがでしたか。

正解はひとつでも、そこに辿り着く方法は一つではないのですね。
であれば、ひとつの方法で納得するのではなく、何か他にいい方法はないのかと
考え続けると、新たな展開も開けてくるのかもしれません。

ちょこっとした、頭の体操でした。






※如何でしょうか!!?

わかりましたか?絵に書いてみないと、わからないと思いましたが、よく考えたら解りますね。

やっぱり、頭の体操・・・柔らか頭をつくっておきたいですね。



この記事へのコメント
私の頭、相当固いみたいです・・・(笑)。

一つの結果(答え)を出す為には、幾通りものプロセスがあり
周りの人の意見や情報を足せば、全く違った展開になる事
もありますもんね。

まずは一生懸命考える事が大事だと思いました。
有難う御座います!
Posted by 寺井 慎太郎 at 2011年12月23日 07:27
ダメでしたね・・・
私の頭と思考能力ではとても無理でした

でも、なぜとかどうしてとかを考えることが大切なことですね
何事にも努力して挑戦して行動することに努めます
ありがとうございました。
Posted by 進藤幸男 at 2011年12月23日 08:57
家族で考えても、みんな3回の回答でした。
先入観は中々払拭できません。

常に柔軟な考え方を心がけていなければダメですね。
Posted by 宮北 公英 at 2011年12月23日 11:31
寺井慎太郎様

訪問、ありがとうございます。私も、負けないくらい頭、固いですよ。

答え捻出に、プロセスは追っていく必要がありますね。

第三者のアドバイスに、いかに傾聴するか、わかります。

独りで出来ないこと、多いです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年12月23日 18:40
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

「なぜ」とか「どうして」から考えることが、非常に大切ですね。

こうした頭の体操から、一生懸命に精進致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年12月23日 18:46
宮北公英様

訪問、ありがとうございます。家族みなさんで考えて頂き、ありがとうございました!

3回でしたか!私なんか、4回でした〜。

考え方や取り組み姿勢が、問われた出題だったかも、しれませんね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年12月23日 18:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。