2011年12月27日

‘紋章’について



今日は『検定クイズ100 マーク・記号』(ポプラ社 小石新八・監修/検定クイズ研究会・編)より《西洋の家紋!?紋章》の〔紋章のはじまり〕〔形と模様〕を紹介致します。



〔紋章のはじまり〕

紋章は、中世ヨーロッパの貴族たちが、自分を表すシンボルマークを盾につけたことからはじまりました。紋章は個人を表すというのが、家をあらわす日本の家紋(注)との大きな違いです。個人を区別するために、親子でも同じ紋章を使わなかったと言います。

また、紋章はやがて、個人をあらわすだけではなく、都市や大学なども表すようになっていきました。

(注)家紋は平安時代の貴族たちが使いはじめました。戦国時代には武家も使うようになり、江戸時代には商店のマークや一般の人々の家のマークとしても広がりました。



〔形と模様〕

ヨーロッパの紋章の多くは、五角形に似た形をしていますが、これは紋章が盾に描かれていたことによります。

描かれる模様は様々ですが、ライオンやワシ、十字架などが代表的な絵柄です。




※紋章のルーツ、思いがけず知りました。

盾に描かれている模様なので、紋章には勇ましいモノが多いのですね!



この記事へのコメント
牧野さま

いつもありがとうございます。

紋章のルーツが個人を表すものだと初めて知りました。

いつも勇ましく在れるような紋章を心に持ち続けていたいものです。

ありがとうございました。
Posted by 鳥井一 at 2011年12月28日 20:43
鳥井一様

訪問、ありがとうございます。

この‘紋章のルーツ’思いがけず知りました。

『いつも勇ましく在れるような紋章』・・・心の中に、持てるように、してまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年12月28日 23:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。