2012年01月20日

スティーブ・ジョブズ『名語録』より:その2





今日は、去年10月31日に引き続き、『スティーブ・ジョブズ名語録』(副題:人生に革命を起こす96の言葉、桑原晃弥著)より、【好んでやまない言葉を紹介する。「自分が行く先はパックがくるポイントであり、パックがあった場所ではない」】を紹介致します。






【好んでやまない言葉を紹介する。「自分が行く先はパックがくるポイントであり、パックがあった場所ではない」】





ジョブズの発想の一つに、消費者自身も自覚していない欲望をいち早く製品という具体的な形にしてみせ、流行を生むことがあげられる。欲望の行く手を読み、大胆なイノベーションで洗練されたスタイルを世に出すことで、アップルはIT業界の最前線に立ち続けてきた。

ジョブズはそれを、こういう言葉で語っている。

「私が好んでやまないウェイン・グレツスキーの言葉をご紹介します。『私が滑り込んでいく先はパックが向かってくるポイントであり、パックがあったところではない』。アップルも同じことをつねに試みてきました。誕生のごくごく初期のころからそうでした。そして、これからもそれに変わりはありません」

ウェイン・グレツスキーは、天才的な妙技で十代のころから多くの記録を塗り替えてきた伝説のプロアイスホッケー選手だ。引退後も「グレート・ワン」の愛称でファンから慕われ続けている。

敵味方が激しくパックを争奪するアイスホッケーは、試合展開がめまぐるしく、時に乱闘にもなる荒々しい競技だ。パックの動きを瞬速で判断して先手を取る。それは、ジョブズの経営判断と市場判断にもぴったり通じるのだろう。






※めまぐるしく駆け抜ける‘流行の波’を、どのように捉えて、整合性のある製品を世に送り出すかを、スティーブ・ジョブズ氏は“常識の枠を超えて”考えていたのだと思います。



この記事へのコメント
牧野様
昨日は雨の中ありがとうございました。健康セミナーご紹介ありがとうございました。
ジョブス氏
限りなく妥協を許さない、ポリシーを生涯貫き通した方ですね!
CEOになるべくしてなったのでしょうね。ほんとうに凄い方です。
Posted by 待本 at 2012年01月20日 11:46
牧野様
昨日は雨の中ありがとうございました。健康セミナーご紹介ありがとうございました。
ジョブス氏
限りなく妥協を許さない、ポリシーを生涯貫き通した方ですね!
CEOになるべくしてなったのでしょうね。ほんとうに凄い方です。
Posted by 待本 at 2012年01月20日 11:46
牧野様
昨日は雨の中ありがとうございました。健康セミナーご紹介ありがとうございました。
ジョブス氏
限りなく妥協を許さない、ポリシーを生涯貫き通した方ですね!
CEOになるべくしてなったのでしょうね。ほんとうに凄い方です。
Posted by 待本 at 2012年01月20日 11:47
牧野さま

いつもありがとうございます。

今日の内容は、まだはっきりと理解できていませんが、思考は常にこうありたいと漠然と感じています。

今から20年ほど前、誰がIT界のこのような発展を予想したでしょう。

NECの98や任天堂のファミコン神話の崩壊、アップルの復活、未来をイメージしてこのようなことに思いを巡らせた人は少なかったはずです。

今日の内容から、人の潜在的なニーズの発掘方法を学べました。

もしかしすると、時代や自分の中の思考の枠組みを外し、ニードの向こうのウオンつにフォーカスし続けることが大切ではないかと何となくではありますが感じています。

ありがとうございました。
Posted by 鳥井一 at 2012年01月20日 14:34
待本様

訪問、ありがとうございます。こちらこそ、この度はお時間頂き、ありがとうございました。

『限りなく妥協を許さない、ポリシーを生涯貫き通すこと』これが出来れば、成功は約束付けられますね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年01月21日 07:33
鳥井一様

訪問、ありがとうございます。

今の、このような発展を誰も予想出来なかったと、思います。

時代を読むことは、洋の東西を問わず、大事なことだと思います。

自分の枠組みを外すのは、凝り固まった邪魔な思考との決別です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年01月21日 07:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。