2012年02月25日

“音(おと)”




【音(おと)】



私たちの使う言葉


それは「声にして」音にしてる




音は、性質をもつ

音は、性格をもつ

音は、表情をもつ




だから、気をつけよう


どんな“音”が出ているか



やさしく

やわらかく

しなやかに




相手のハートに

とどけよう!




今日出逢う、全ての人に



素晴らしい“音”・・・聴かせよう!!




それが《幸せの信号》だよね!



この記事へのコメント
自分の「声」は意外と本人はわかっていません
初めて自分の歌をカラオケで聞きテープで聞いてがっかりします。

それなら話し方で相手が印象に残るように気をつけています
「幸せの信号」・・・すばらしい表現ですね
Posted by 進藤幸男 at 2012年02月25日 09:37
牧野さま

いつもありがとうございます。

音って大切ですね。

無意識に、意図的に発する音、1フレーズを大切にしていきます。

ありがとうございました。
Posted by 鳥井一 at 2012年02月25日 12:57
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

話し方の中の気をつけ方は、どのようなトーンで話すかになります。

これが『幸せの信号』に、繋がると思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年02月25日 13:17
鳥井一様

訪問、ありがとうございます。

どんな言葉でも、音によって、全然ニュアンスが変わってきます。大切ですよね。

無意識に発する一言を、耳にやさしい音にする努力を、重ねてまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年02月25日 13:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。