2012年04月29日

AKBメンバーが‘ピンで活躍する’理由とは?!



今日は、数ヶ月前、テレビ番組の中で、芸能レポーターの方がおっしゃっていた内容です。




「AKB48のメンバーは、なぜピンでも、売れているのか!?」




このテーマについて、意外と知られていない、身近な事実があります。


確かに、AKBの初代メンバー陣は、一人一人が、ドラマ・CM・バラエティー番組に、引っ張りだこです。


これには、生みの親であり、プロデューサーの秋元康さんのアイデアと手腕が、あります。


私も、それを知って「なるほどなぁ〜」と、思いました。


それで、いったい何なのか・・・


実は、メンバーの所属事務所が一つではなく、違うのです(グループ分けされているイメージ)。


ここに、所属事務所と所属人数を列挙します。




◆プロダクション尾木・・・12名

◆ワタナベエンターテインメント・・・5名

◆ホリプロ・・・6名

◆太田プロ・・・4名

◆MOUSA・・・4名

◆アトリエダンカン・・・2名

◆イトーカンパニー・・・2名

◆Office48・・・6名

◆サムデイ・・・2名

◆ドレスコード・・・2名

◆アーティストハウスピラミッド・・・1名

◆フロストゥー・・・1名

◆AKS・・・9名




それで、いったいそれが、どうした?!・・・そんな声も聞こえて来そうですが・・・


こういうフォーメーション(陣形)にしておくことによって、1人のアイドルに仕事がかたよることが、ありません。


各事務所は、自分の所属アイドルを、より沢山、メディアに出したいので、相乗効果が生まれます。


結果的には、AKBメンバーが、様々なメディアシーンの中で、活躍することになるのです。


秋元康さんは、この点に気づき、ビジネスポイントとして、メンバーを各事務所に送り込んだ格好になると、解釈しています。


秋元康さんも、各事務所とのコミュニケーションも創れて、仕事もやりやすいと、感じます。


才能があり、行動して、具体的に答えを出せる人って、すごいと思いました。


読んで頂き、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。