2012年05月15日

史上最高落札の美術品



今日は、テレビニュースでも話題になった内容で、5月4日の読売新聞から『ムンクの叫び96億円』を、紹介致します。



ノルウェーの画家エドバルド・ムンク(1863〜1944)の代表作「叫び」が2日、ニューヨークのサザビーズで競売にかけられ、美術品としては史上最高額の約1億1992万ドル(約96億円)で落札された。同社が2日、発表した。

競売には少なくとも8人が応札した。これまでの落札最高額は、2010年5月に競売にかけられたピカソの絵画「ヌード、観葉植物と胸像」の約1億650万ドルだった。

ムンクは生前、計4点の「叫び」を描いた。今回、競売にかけられたのはパトロンだった実業家の一族が70年以上所蔵してきた1895年作製のパステル画(79センチ×59センチ)。他の3点は、ノルウェーの2美術館が所蔵している。




※芸術・芸術に評価やお金の価値を付けるのは、とても難しいと、言われています。

エドバルド・ムンクは、今回の落札について、どのように叫んでいるのか・・・知りたくなります。



この記事へのコメント
美術品や絵画の価値は素人にはわからないものです
その世界の人からみると評価も違ってきます。

ムンクの「叫び」が96億円とは驚きですネ・・・
合計4作品がありますからたいへんな金額になりますね
Posted by 進藤幸男 at 2012年05月15日 09:22
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

それぞれの物に、それぞれの価値が、存在しますね。96億円が、具体的にどれだけ多いかは、私には、わかりません。

また、芸術品に関して、機会を見つけて勉強していけたらと、思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年05月15日 23:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。