2012年05月16日

年収1億円人生計画!!



今日は、読売新聞5月13日の広告より“まだ読んでいない本”の紹介です。宣伝の文章が、素晴らしかったです。





〜 一生かかっても知り得ない 〜

『年収1億円人生計画』


「奴隷(いま)」のままでは、
一生稼げない。
年収1億円稼ぐ人たちは、
人生の分岐点で、
何を考え、何を選択し、
いかに「自由」を得たか。



◆「自由を求める」ことより、「奴隷からの脱却」のほうが重要だ

◆年収1億円の人が必ず通過する人生の「3つの分岐点」とは

◆子ども時代に何を「自分で選択」したか。勝敗は、そのときすでについている

◆とんでもなく「稼ぐ人」というのは、とんでもなく「非常識人」である

◆面白くもない仕事をいかに「稼げる武器」にするか

◆「だれを育てたのか」を見れば、メンター選びに失敗しない

◆年収1億円を目指すための3つの条件とは

◆なぜ「資格」を手離せないのか、なぜ「資格」では稼げないのか

◆お金は、人が運んでくる

◆「分かち合い」ができれば、あなたはもっと稼ぐことができる

◆お礼にアイロンをかけると何がおこるのか

◆「論語」と「算盤」の順番を間違えるから、いつまで経っても稼げない






※このブログを、続けて読んで頂いている方々は、お気づきかとは思いますが、私は意外と‘宣伝広告をよく観る癖’があります。

中でも、結構な割合で、新刊の書籍の宣伝広告に、引き付けられます。

実際、まだ読んでいないのですが、その文言の中には『引き付けられる工夫』が見られます。

今回も完全に、やられてしまいました!



この記事へのコメント
年収1億円人生計画・・・
あぁぁぁ~~夢の世界ですね

書籍など新刊の広告宣伝の文章にはひきつけられます
とりあえず、書店の店頭で立ち読みしてから買いますね・・・
意外とはずれもあります。
Posted by 進藤幸男 at 2012年05月16日 08:24
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

タイトルが大胆なら、書かれている宣伝表現も、大胆ですね(良い意味です)。

書店の店頭での立ち読みは、本の名前や著者、目次と前書き・後書き等から、一定の判断しております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年05月16日 20:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。