2012年05月29日

ここらで‘猫ひろしさん出場取消’について考える



今日は、読売新聞5月9日より《猫さん五輪出場「ダメ」》の記事をベースに、自分の所感を交えて、お送りします。




昨年秋に、カンボジア国籍をわざわざ取得して、ロンドン五輪男子マラソンのカンボジア代表に選ばれた、お笑い芸人の猫ひろしさん34歳(本名:滝崎邦明さん)。国際陸連が参加資格を満たしていないとして、五輪出場が帳消しになりました。


過去に国際大会代表経験がない選手でも、国籍変更後1年間は国際大会に出場できないとの規制が“今年から”導入されたとのこと。


猫ひろしさんは、今年2月の別府大分マラソンで2時間30分26秒の自己ベストをマークし、ご自身の努力で少しずつタイムを縮めていました。


猫さんがカンボジア代表に選ばれたのが3月。今回の措置が5月です。カンボジア陸連の特例措置懇願も虚しく、国際陸連が却下しました。




これを踏まえて、皆様は、どう考えますか?!?




私が思うには、考え方が賛否両論に分かれると思うんです。


猫ひろしさんを『かわいそう』と思うのは、せっかく苦労して取得したカンボジア国籍が、意味のない‘カンボジア国民’に、なってしまったこと。


そして、それ以上に、一所懸命・一生懸命に、練習したと思います。


ただ、もう一方の考え方では、猫さんが今回出場することで、もともと世界大会を目指して頑張ってきた、カンボジアに生まれ育った選手の夢を、摘み取ってしまうことになります。




一旦は、代表選手としての五輪切符を手にした猫ひろしさん。彼は次の五輪(リオデジャネイロ)を目指すと言っています。彼の心中は、如何なものでしょう!!



この記事へのコメント
34歳でオリンピックに挑戦する意欲は素晴らしいです
いろんな国際陸連の規約はあるのでしょうが・・・

国籍までも取得してまでも挑戦する気持ちは大切にしたいですね
何事にも一生懸命になることの素晴らしさは教えてくれました
この経験が次への何かのチャンスになることを祈ります。
Posted by 進藤幸男 at 2012年05月29日 09:00
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。猫ひろしさんの、34歳でオリンピックに挑戦する意欲を、見習いたいと思います。

諦めず、挑戦する気持ちを大きく持ち続けていれば、願いが叶うと思います。

このことを、本業のお笑いにも、生かしてほしいです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年05月29日 10:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。