2012年05月31日

備前焼にかける想い


今日は、ある方のお宅で見せて頂いた、備前焼の資料『森陶岳壺中展』(岡山天満屋美術部発行)の中の、一門の方のフレーズです。





表現することも無く


説明することも無く


欲を出すこともない


ただ焼物というものに


真っすぐに線を引いていきたい。



森一洋





※わずか五行の言葉です。

ただ、私にはビンビン伝わってきました。

どのような気持ち、どのような心で、ひとつひとつの作品と向き合っているか・・・

皆様は、どうお感じに、なりましたか?



この記事へのコメント
何事にも一筋に頑張っている人はいます
そんな人には誰にも負けない強い意志がありますね・・・

ビジネス社会もおなじような気持ちが必要ですね
そこから周りが認めてくれることにもなります。
ありがとうございました。
Posted by 進藤幸男 at 2012年06月01日 08:20
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

一筋に頑張る人に、自然に備わる強い意志を、感じます。

周りが認めてくれることは、後々から付いてきます。

だから、焦りは禁物だと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年06月01日 20:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。