2012年08月30日

サッポロビールのファン参加型会議!



今日は、8月16日読売新聞より『ネットでビール開発会議』を紹介致します。



《ネットでビール開発会議》


サッポロビールはインターネット上で自由参加のビール開発会議を9月から開き、ビールファンのアイデアを集めた新商品を来春に販売する。会員制交流サイト「フェイスブック」に専用ページ「百人ビール・ラボ」を開設し、参加者の募集を始めた。




〜サッポロ、アイデア募る〜




会議は毎週金曜夜、同ページ上で開く。1回90分程度、計30回の予定だ。同社のビール技術者や市場調査担当者らを交え、味の方向性やパッケージデザイン、販促企画等について、参加者に意見を書き込んでもらい、通常のビール開発と同じ手順で討議する。

会議参加の熱心さに応じて、参加者の中から100人を「百人ビール・マイスター」に認定し、香味試験や試飲、容器デザインなどのチェックにも参加してもらう。完成した商品はネット上で通信販売するが、店頭販売も検討する。

30〜40歳代の利用が多いフェイスブックの利用で、若い世代のビールへの関心を掘り起こすことが目的だ。







※これ、いいなと思いました。

ビールに‘目がない’牧野眞一です!

参加してみようかな〜と、思います。



この記事へのコメント
「百人ビール・マイスター」・・・
これは楽しくて面白い企画ですね

参加してみたくなります。
企業の商品開発もこれからは一般消費者参加型になりますね
そこからファンづくりにも役立ちます。
Posted by 進藤幸男 at 2012年08月30日 12:54
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

「百人ビール・マイスター」は、新しいスタイルの企画です。

一般消費者を、どのように巻き込むか・・・これからの、一つのテーマになると思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年08月30日 23:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。