2012年09月12日

ANA60周年の広告より


今日は、9月7日の読売新聞のANA60周年の広告の言葉が素晴らしかったので、紹介します。





何もしなければ何も起きない。

行かなければそれはやってこない。

飛び出さなければ世界は変わらない。

すべてのひとの心に翼はある。

使うか、使わないか。

世界は待っている。

飛ぶか、飛ばないか。

海をこえよう。

言葉をこえよう。

昨日をこえよう。

空を飛ぼう。






※如何でしたか!

『ココロノツバサ。ANA60th』と、一番下に載せていました。

勇気をもらえるような、力がみなぎるような、そんな‘応援してくれる’言葉に見えました。



この記事へのコメント
すばらしい言葉の連続ですね・・・
そして勇気が貰えるものばかりです。

言葉の素晴らしさを感じます
自分の机に書いて貼り付けました

すばらしい言葉をありがとうございます。
Posted by 進藤幸男 at 2012年09月12日 10:03
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

本当に素晴らしく、もったいない感じです。

ご自身の机に書いて、貼り付けてくださったのですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年09月12日 21:47
牧野さん、昨日のセミナーでは、大変お世話になりました。

学んだことを実行できるように努めたいと思います。

ありがとうございました。
Posted by 吹田市 石田 at 2012年09月12日 22:49
牧野さん、昨日のセミナーでは、大変お世話になりました。

学んだことを実行できるように努めたいと思います。

ありがとうございました。
Posted by 吹田市 石田 at 2012年09月12日 22:50
吹田市 石田様

訪問、ありがとうございます。

こちらこそ、この度のセミナー御参加、ありがとうございました。

ブログを拝見致しました。『何もしなければ何も起きない』の真逆をして頂き、とても嬉しいです。学んだことを素直に実行・実践できる人は、素敵です。

また来月のセミナーも、遊びに来てくださいね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年09月13日 06:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。