2012年10月26日

成果を出したければ・・・どうする!?


今日は、私が定期的に読ませて頂いているメルマガからです。





「確実に成果を出したい」

仕事をしたことがある方であれば
必ず感じたことがあるかと思います。


確実に成果を出したいときには
あなたはどうされますか?


気合を入れる、誰かに相談する・・
などなど

色んなことをされると思いますが、
それは一言でいえばこの言葉に
集約されませんか?


『頑張る』


この言葉はありとあらゆる分野で
聞きますよね。

おそらく、成果を出すために
「頑張る」ことが大切だということは、
多くの方が共通して感じていることだと
思います。

私もそう思っていました。


でも、本当にそうでしょうか?


『頑張る』という言葉について
感じてみていただきたいのですが、

『頑張る』を意識すると
何となく力を込めてとか、
気合を入れてというギュギュっと
詰め込むみたいな印象はありませんか?


もし上記のように自分にとって
『頑張ること』と力みが一致しまっているのであれば、
本来の力を発揮しにくいかもしれません。


本来の力。


私たち一人ひとりが持つ力というのは
計り知れない可能性があります。

でも、『頑張ること』を意識してしまうが故に
力んでしまうスイッチが入り、
逆に成果が出にくくなっている人もいると思います。


私は、成果を出す!真剣にやる!というときほど
歯を食いしばるというか、全身がギュっと固まるような
感覚を感じていました。

それが成果が出るスタイルだと思っていたんですね。


スポーツを例にとると分かりやすいのですが、
的に当てたいと思えば思うほど力んで投げると
どっか飛んでっちゃいますよね。

ということは、確実に成果を出したいときほど
大切なことは適度にリラックスするということなんです。

伝説のバスケットボールプレーヤーである
マイケルジョーダンをご存知ですか?

彼は、シュートをするときに
必ずベロを出して脱力していたそうです。

また、
世界一になったなでしこジャパン。

テレビで見た方は覚えているかと思いますが
PK戦に入る直前、監督を囲んで円陣を組んでいた
なでしこジャパンはみんな笑顔でした。

一方のアメリカは、緊張した面持ちだったそうです。

結果は・・・ご存知の通りです。


『頑張らないで、楽しむ』


この言葉を聴いてどう感じるでしょうか?


なんとなく、軽い感じというか
明るい前向きな印象がありませんか?


ここまでの話を聴いていて

「リラックスするのが大切だというのは
分かったけど、そんなに簡単に出来たら
苦労しないよ〜」

という風に思った方もいると思います。


そうなんですよね。
私もそう思います。


そんなときに役立つのが
『楽しむ』という言葉です。


試しに言ってみてください。


何となく、身体がフッと軽くなる感覚が
分かりますか?


『頑張らなくても成果は出る』。

このことを覚えておいてください。


多くの人は、成果を出すために頑張るのですが
いつのまにか頑張るために頑張っていたりします。

実は、成果を出すことと力むという意味での頑張る
は関係ないんですね。


ぜひこれから
成果を確実に出したいと感じているときほど
『楽しむ』とか『だらだら〜』というような
リラックスを連想する言葉をたくさん使ってみてください。


そもそも頑張っているのですから、
それ以上気合は必要ないんです。


リラックスして、楽しんで
最高の成果を出しちゃいましょう!





※思わず「う〜ん、なるほど」と、思いました。

確かに“頑張る為に頑張る”こと、しているように、感じます。

仕事の業績のことで問われた時「頑張ります!」とか、聞いたり言っていたように思いますね。

これからは『頑張る』を『楽しむ』に、変えていきたいですね!ユルユルくらいが、ちょうどいいかも。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。