2012年10月28日

「ジキに治って」という意味ではない薬



今日は、3月17日朝日新聞『キミの名は』より《ジキに治って・・・ではない》を紹介致します。





ジキニンは「ジキによくなる」からついた名前だとよく誤解される。

1958年、全薬工業が発売した風邪薬。創業者の故橋本弘さんは富山出身の薬剤師。社名の「全薬」には「安全、完全、万全」の三つの願いをこめたという。

その主力商品のジキニンの名前の由来は実にシンプル。主成分はマラリアの特効薬としても使われた炭酸ジキニーネ。フランス語の「ジキニーネ」の部分を英語で読んだ「ジキニン」が、そのまま商品名になった。

大々的にその名が知られるようになったのは、60年代、テレビCMが流されてから。

後の政治家・鳩山邦夫の夫人である高見エミリーさんが出演。「ジキニンでジキになおってネ」のダジャレまじりのコピーがウケた。

なぜこのコピーになったのか。当時の詳細は不明だが、「『早く良くなってほしい』という創業者の思いが、きっと反映されたはず」と広報担当はいう。

主成分の炭酸ジキニーネはいまは使われていない。CMは岡江久美子さんに代わって37年が経つ。





※有名なCMですね。

てっきり‘ジキに治ってほしい意味’だと勘違いしていました!

フランス語とは、恐れ入りました。



この記事へのコメント
「ジキニン」・・・
フランス語なのですか、知りませんでした。

造語で「直ぐに治る」つまり、じきになおる
すばらしいネーミングだと思っていました。
Posted by 進藤幸男 at 2012年10月28日 20:00
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

「ジキニン」がフランス語だったなんて、知りませんでしたね。

やはり、ネーミングは大切だと思いました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年10月29日 06:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。