2012年11月29日

日本ハム社長に聞く



今日は、8月31日読売新聞『新トップに聞く』から、日本ハムの竹添昇氏です。




『海外で存在感高める』


日本ハム 竹添昇氏(63)



社長就任以降、「グループが一枚岩になろう」というメッセージを繰り返して発信している。事業部間の競争意識が強く、意思疎通に壁を作りがちだからだ。

これからは海外で売り上げを伸ばし、存在感を高めないといけない。個別に頑張るのではなく、今まで以上に相乗効果を出さなければ生き残れない。

日本ハムは社名の通り、ハム・ソーセージ事業から始まったが、今は売上高に占める比率は13%台に過ぎない。牛や豚、鶏の3品目をすべて手がける食肉のインテグレーターになった。総菜などの加工食品、ヨーグルトやチーズなどの乳製品、魚の缶詰など水産物も主要な柱で、「たんぱく質に特化したグローバル多角化企業」と自負している。

国内では、すべての分野でシェア(占有率)拡大を目指す。いろんな料理法や食べ方提案したい。例えば日本人に人気のない赤身肉はもっと売り込める。ユッケや生レバーに代わるアイテム提案も考えたい。

海外では、生活水準の向上で、今後ますます肉類が食べられるようになる。アジアでは中国、タイ、ベトナムで牛肉の消費が増えるだろう。豪州から直接、輸出するなどして対応したい。加工食品でも、豊富な品揃えを生かし、日本ハムを表す「NH」ブランドを浸透させたい。





※食品メーカーの挑戦と苦悩が垣間見える感じがします。

ハム・ソーセージ事業を柱とする企業も、中小企業を入れると沢山あります。

その中から、いかに自社の商品を手に取って買って頂けるかに、なります。

新トップに、これからの御活躍を、期待したいと思います。



この記事へのコメント
日本ハム・竹添新社長にはご縁があります。
竹添取締役の時代に誘われて社員研修のセミナー講師をしました。

その時から、「会社は一枚岩」を提唱していました。
今日そのう激しい業界でトップ企業を続けています
これからが楽しみです。
Posted by 進藤幸男 at 2012年11月29日 10:18
私の知る零細企業は自分さえよければよいという体質。すでに崩壊に向かっております。日ハムの考えは、当然です。
Posted by 原誠 at 2012年11月29日 17:21
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

竹添新社長は、取締役の時代から「会社は一枚岩」を提唱しておられたのですね。

激しい業界で、トップ企業を続けているのは、並大抵のことを、していないからだと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年11月29日 20:35
原誠様

訪問、ありがとうございます。

『自分さえよければよいという体質』・・・とても残念な状態です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年11月29日 20:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。