2012年12月10日

五木寛之氏『選ぶ力』より


今日は、たまたま新聞広告で載っていた書籍『選ぶ力』(五木寛之著:文春新書840円)より、宣伝の為の文章が素晴らしかったので、紹介致します。




「人生とは選択の連続である」


すべての人が迷っている未曾有の時代
あなたは自分の道をどう探すのか?




◎『生きる』とは

自主的に「選ぶ」ことができなくなったとき、私たちはすでに生きる意味を失う。
「生きる」とは、「選ぶ」ことである。



◎『人生』とは

日常的な選択より、もっと重大な選択が私たちの前に待ち構えている。
それは自分の人生を左右するような決定的な選択である。
その状況に直面したとき、人はだれでも息をのんで立ちすくむ。



◎『努力』とは

努力してもむくわれない場合も多い。
努力を続けようと決意して、どうしても続かない事もある。
現実とはそのように矛盾にみちたものなのだ。



◎『宗教』とは

宗教は何のためにあるのか。それは苦しむ人間をすくうためにある。
しかし人間ははたしてすくいきれるのか。
それはできないことだ。人間の苦悩には限りがない。



◎『孤独』とは

万人にとっての共通の決定的な明日とはなにか。
それは死以外にありえない。こうして、死を考えざるをえない存在として、私たちは今に生きているのだ。





※選択することを、ここまで表現する形としてあるのは、珍しいと思いました。

それぞれの言葉についての説明が、これだけ裏表なく飾らない内容は、他に類を見ないように思います。



この記事へのコメント
牧野さん、いつもありがとうございます

生きる・・の語源の一つに、息をする・・があると聞いたことがありますが
ただ生きているのでは価値は少ない

自分の道を曲がりくねりながらでも、より良い方向に選択していくのが
人の道だとも、思います

素晴らしい内容を、ありがとうございます
Posted by 尾上 正 at 2012年12月10日 07:06
私が大切にしているのは「人生」なのです。
「人生」・・・自分が選択して、そこから自分の人生までも決まります。

毎日のように選択を迫られるそこには重大な選択も待ち構えています
そんな場面や状況に直面したとき、自分の能力が試されています。
そこから楽しい人生や生き方が自分で選択できるのかもしれません。
Posted by 進藤幸男 at 2012年12月10日 09:30
選択する道を決断することは、自分にとって大きな決断ですね。子供時代から将棋に燃えていたおかげで、決断力がつきました。五木さんならではの深い本でしょうね。
Posted by 原誠 at 2012年12月10日 20:02
尾上正様

訪問、ありがとうございます。

こちらこそ、いつもありがとうございます。

生きるの語源が‘息をする’ですか!知りませんでした。

価値の多い可能性のある生き方・・・ここ数年で、そんな歩き方を始めたように、自分を分析しております。

曲がりくねった茨道でも、善行をすることで良い方向にいくのが、理想の人の道だと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年12月11日 08:27
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

「人生」を良くするのは、自分自身です。選択をいかに行うかだと思います。

毎日していく大小さまざまな選択・・・今日一日も選択が待っています。

今日一日も、皆様の選択が、良い方向にいきますように。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年12月11日 08:35
原誠様

訪問、ありがとうございます。

大きな選択する場合、その先の道がどうなるか、運命を左右します。

将棋をしていたことが、決断力がついたのは、素晴らしいことですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年12月11日 08:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。