2012年12月25日

「ブラック企業!」と言われないために



今日は、ある人材会社からのメルマガを、要約して紹介致します。




【社長の気がかり】


▼「ブラック企業!」と社員から言われないための注意点3つ▼




グーグルで「ブラック企業」と検索すると1570万件もヒットする(12/19時点)。悪徳経営者でもない限り、ブラック企業だと自認しながら経営することはないはず。

しかし、顧客の要望に応えようと日々懸命に仕事をしていたら、いつの間にかネットでブラック企業と書かれていたという話もある。誹謗中傷に怯む必要はないが、自分の目の届かないところでブラック化している、なんてことのないようにしたいものだ。

20代30代の若手社員を中心に「ブラックだと感じるのはどんな時か」きいた。





★仕事がキツい

「ほぼ毎日クレーム処理。しかし会社は方針を変えない。」

「深夜まで残業しても仕事が終わらず、翌日は始発出勤。」




★方針がコロコロ変わる

「ノベルティは一切禁止だと怒鳴っていたのに、一週間も経たないうち、ノベルティはまだかと怒鳴る。」

「広告販売に特化する方針を固めたばかりだったが制度改定の情報をキャッチして急遽セミナーを企画販売することになった。」




★離職率

「辞めても再就職できる自信がなかったので頑張っていたが、働く環境があまりにも酷くて辞めざるを得なくなった。」

「とても優秀な同僚が退職したが、次の会社でも活躍すると思う。我が社は人材輩出企業。」




それぞれネガティブワードとして語られることが多いが、繁盛企業に必ずと言っていいほど当てはまる項目でもある。

これらのワードはブラックの代名詞というより、その意味合いや中身によって繁盛企業の代名詞でもありうる。

キーワードをネガティブに捉えているか。社員の心理をしっかりと把握しておく必要があると考える。





※一度付いてしまうと、なかなか抜け出せないイメージです。

良いイメージを保ちつつ、悪いイメージが付かないように、日々の言動を注力してまいります。



この記事へのコメント
「ブラック企業」・・・
お仕事の関係でいろんな企業を訪問することがあります
企業にはそれぞれのイメージがあるもので、企業内の人は知らないのです

我々のような外部の人間からすると、どうして直さないのと感じてしまう
企業方針がコロコロと変わる企業には勤めたくないと社員も思います。
Posted by 進藤幸男 at 2012年12月25日 09:46
名古屋の同族零細企業で「ブラック企業」を知っています。経営陣が楽して優位に立つために、社員の誰もが事務処理能力、部下指導能力がないすぐに物忘れする人を幹部にしました。その部下をはじめ、経営陣以外は問題が多発。方針は日替わりですし、社員イメージのレッテルは強いです。順調に業績下降中ですが気にしない経営陣だそうです。
Posted by 原誠 at 2012年12月25日 20:48
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

そうですね。企業イメージは、企業内の人は知らない・・・それが盲点です。

外部の識者の方々は、良い企業イメージの保持をしてほしいと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年12月26日 06:19
原誠様

訪問、ありがとうございます。

『部下指導能力がない人を幹部に』『方針は日替わり』・・・これなら、順調に業績下降中でも、仕方ないですが、その会社は最終的に、どうしたいのでしょうか。

いろんな企業が、あるものだと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年12月26日 06:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。