2013年01月19日

素敵な『江戸しぐさ』



今日は、部屋を掃除していたら、昔の勉強会の資料が出てきて、その中の江戸しぐさについて、紹介致します。




《素敵な『江戸しぐさ』》


「江戸しぐさ」というときの「しぐさ」は、ただ形だけのしぐさ(仕草)ではありません。思う草、「思草」と書きます。「思う」はそのままの意味、「草」は植物の草のことではなく、「言い草」という言葉などで使われる「行為」という意味です。




☆「あいすみません」・・・すみませんは「澄みません」と書く。目の前の人を仏と思えるように澄んだ気持ちになれないと詫びる言葉。江戸の人々が極力、濁音を避けたのも、この「澄む」ことに対するこだわり。


☆「忙しい」・・・忙しいという字は偏とつくりに分解すると、心を亡ぼすとなる。江戸では心を失った人はデクの棒(丸太)とし、人間ではないと考えたほどで「忙しい」と言うのは禁句。


☆「禁句」・・・言ってはならぬことは即ち、してはならぬことになる。「殴る、蹴る、殺す」など精神的に圧迫する言葉、「ウッソー、ホントー」のように疑いの言葉は失礼である。


☆「世辞」・・・大人が出会った時、「こんにちは」「初めておめにかかります」とか言ってからなにか一言しゃべることを世辞という。世辞、つまり外交辞令が言えるということは人間関係を円滑にする第一歩。


☆「手斧言葉」・・・手斧(ちょうな)は大工道具。町衆たちは、言葉という道具を相手によって使い分け、丁寧にはより丁寧に、狼籍にふさわしく対応した。手斧言葉は最も荒々しい言葉づかい。


☆「戸締め言葉」・・・戸を締めて中に入れない、つまり人の話を無視するような言葉。「でも」「だって」「しかし」「そうは言っても」などと言わず、何でも聞き入れる素直さが、江戸の世間を広くした。





※何かしら、現代人に足りないことが、少なくないように思うのは、私だけでしょうか?!

昔の人たちは、すごいです。



この記事へのコメント
昨日の「ナレッジ研究会」お世話になりました。
楽しい仲間の集まる会は盛り上りますね・・・

体調に気をつけて頑張って下さい。
これからもよろしくお願い致します。
Posted by 進藤幸男 at 2013年01月19日 09:49
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

昨日のナレッジ研究会は、お世話になりました。ありがとうございました。

楽しい仲間の集まる会は、元気を貰えます。

これからも、宜しくお願い致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年01月19日 21:01
時代小説でデビューして以来、江戸時代を意識するようになりました。大学受験は世界史を選択したので、日本史とは距離がありました。忙しいとよく言います。気をつけます。
Posted by 原誠 at 2013年01月19日 23:14
時代小説でデビューして以来、江戸時代を意識するようになりました。大学受験は世界史を選択したので、日本史とは距離がありました。忙しいとよく言います。気をつけます。
Posted by 原誠 at 2013年01月19日 23:15
原誠様

訪問、ありがとうございます。

時代小説でのデビューだったのですね!知りませんでした。

江戸という時代は、とても風情ある面白い時代だったのだなと、こうした物事に触れるにつけ、感じます。

日本人は「忙しい」とよく言う国民性を持っています。私も、気をつけたいと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年01月20日 00:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。