2013年02月02日

『暖房』の川柳



今日は、読売新聞に折り込みで入る『読売ファミリー大阪北版1月23日号』より《みんなで川柳》から、お題「暖房」です。




お題「暖房」優秀作品


・ちょうどいい 温度でもめる 老夫婦 (神戸市69歳)

・ジャンケンで 順番決める 灯油入れ (八尾市19歳)

・寝床には 湯たんぽ入れずに 猫入れる (奈良県川西市58歳)

・節電を しすぎて風邪で 医者通い (奈良市55歳)

・寒すぎる 服を着込んで 肩が凝る (京都府与謝野町64歳)

・寒い日の 押しくらまんじゅう ひとむかし (岸和田市58歳)

・知らぬ間に 家族みんなが 同じ部屋 (大阪府熊取町19歳)

・出たくない 春まで冬眠 こたつむり (御所市48歳)





※川柳って、本当に面白いですね。

テーマを絞ると、より面白さや楽しさが増します。



この記事へのコメント
「川柳」は、テーマを絞ると面白くなります。

私の親友が・・・
「大阪弁川柳」を主催して開催して10数年になります。
毎年、入選作の発表会を開催します。
Posted by 進藤幸男 at 2013年02月02日 09:54
川柳を楽しむ心のゆとりが大事ですね。文化活動は人間力を高めます。
Posted by 原誠 at 2013年02月02日 14:09
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。川柳が、テーマを絞ると面白くなることは、最近体感しています。

「大阪弁川柳」も、とても楽しそうです。

面白くて楽しい物事は、長続きします。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年02月03日 07:26
原誠様

訪問、ありがとうございます。

心にゆとりがあれば、いい川柳も生まれますね。

文化活動に従事し、人間力が高まるように精進してまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年02月03日 07:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。