2013年02月04日

クボタの“トップが語る”




今日は、読売新聞1月26日『トップが語る』より、クボタ、益本康男会長兼社長の記事です。





今年は、海外市場の攻略に向けて柔軟かつ大胆に行動し、真のグローバル企業に向けた取り組みを加速させる。

主力の農機は、売り上げの3分の1を占める日本では縮小が続くが、海外は大きな成長が見込める。新興国では今後、工業化で農業人口が減るが、今まで以上の食料生産が必要で、機械化が欠かせないからだ。アジアに続く新たな進出先として、アフリカや東欧、ロシアに注目している。

世界での厳しい競争に勝ち抜くため、自前主義に終止符を打つ。昨年はノルウェーの畑作用農機メーカーを買収し、海外で畑作市場へ本格進出した。今後も買収の好機があれば逃がさない。

海外に約50あるグループの販売・生産会社のトップに現地出身者を積極的に登用したい。現地ニーズを取り込むには、日本人社長では限界がある。まずは欧米での取り組みを先行させたい。

人材は外部からも積極的に招き入れる。たとえ私より給料が高くなっても構わない。10年後を見据え、前例や慣例にとらわれず、思い切った手を打ちたい。





※大胆な攻めの戦略です。買収は、一定レベル以上の覚悟が要ると思いますが、素晴らしい実績を出しておられます。

国内だけではなく、海外に目を向けるのは、グローバル化を計画する上において、外せないですね。



この記事へのコメント
農機具のトップメーカー「クボタ」
世界中で大活躍をして、日本が誇れる企業です

各国が「食料自給率」を高めようと努力しています。
私たちの会でも、昨日からミャンマーへ農業指導に数名が行っています。
Posted by 進藤幸男 at 2013年02月04日 10:22
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

農機具のトップメーカー「クボタ」は、世界に向けて、大きな事業展開をしています。

「食料自給率」を高めようとする状況に、クボタは大きく踏み出しています。

農業は、次世代を素晴らしい世の中にする、キーワードかも、しれません。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年02月04日 23:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。