2013年02月11日

製薬産業が期待される‘3つの貢献’



今日は、読売新聞1月20日の日本製薬工業協会の広告から、紹介致します。




製薬産業は、これからの日本の成長に欠かせない基幹産業として、3つの貢献を期待されています。



1.健康で安心な社会への貢献
「革新的な新薬を創出することで、健康で安心して暮らせる社会を実現します。」


2.科学技術の発展への貢献
「先進的な研究開発活動により科学技術を発展させ、専門人材の育成も行います。」


3.経済成長への貢献
「製造業のなかで自動車、電機に次いで3番目の担税力。専門領域の雇用機会も創出します。」





※3つとも、とても大切な内容です。

製薬産業が、世の中に与える影響って、とてつもなく大きいと思います。



この記事へのコメント
「製薬業界」の功績が・・・
日本人の平均寿命までも延ばしました。

楽しい生活が長く続けられることは幸せなことです。
ありがとうございます。
Posted by 進藤幸男 at 2013年02月11日 10:19
年々、薬の大切さが分かります。腰痛、関節痛、疲労回復、滋養強壮など。薬に支えられて今の活躍が出来ていると思うと感謝しきりです。
Posted by 原誠 at 2013年02月11日 12:08
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

「製薬業界」の功績は、素晴らしいと思います。

日本人の平均寿命は、すごく延びました。

これからは、健康寿命を、大いに考えたいと、思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年02月12日 09:42
原誠様

訪問、ありがとうございます。

薬の大切さと、薬に頼らない考え方の両面の心を、育てていきたいと思います。

腰痛や関節痛に悩んでおられましたら、いつでもおっしゃってくださいね。御相談にのれると思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年02月12日 09:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。