2013年02月17日

香川真司選手の“活躍度合い”



今日は、雑誌『ベスト・ギア』12月号の中の《サッカー日本代表Q&A》の一番トップに載っていた質問からです。

答える人:サッカージャーナリストの田邊雅之氏





Q:クラブチームでの輝きに比べると香川真司選手が活躍していないように見えるのはなぜ?



A:香川真司がクラブチームで、トップ下として活躍しているのはご承知の通り。能力的に見ても、彼はトップ下の方が適性が高い。

だが代表ではトップ下に本田圭佑が起用されているため、香川はサイドに回る形になっている。サイドでプレイすれば、ゴール前で決定的な仕事をする機会はどうしても減ってしまうし、守備の負担が大きくなるのも事実だ。

だが、これはやむを得ない側面もある。香川がトップ下で輝くためには、チーム全体として質の高いコンビプレイができていることが条件になる。だが代表では練習の時間が限られているため、ベーシックな戦術を採用しなければならないことが多いからだ。

また代表の場合は、適性を見極めて選手を配置するというよりは、どうしても能力の高い人材を詰め込もうという発想になりがちだ。この結果、香川も窮屈なプレイを余儀なくされているのが、代表における現状だろう。





※プロサッカー界の“台所事情”を、垣間見たように、思います。

このような状況は、もうすぐ始まる、ワールド・ベースボール・クラシックにも、見られるかもしれないです。



この記事へのコメント
香川真司選手は素晴らしいのです
しかし、今のチーム事情では彼は不本意だと思います。

どうしても仲間の選手たちとの適性と能力の比較になります。
香川選手が本領を発揮するには今の守備範囲とは違うと思います
それでも、応援をしています。
Posted by 進藤幸男 at 2013年02月17日 09:51
サッカー、会社ともに適材適所です。役割を誤らぬようにしてほしいです。
Posted by 原誠 at 2013年02月17日 17:45
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

香川真司選手は「今のチーム事情では不本意だ」と思っているかもしれないんですね。

今の守備範囲とは違う場所が、得意なのですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年02月18日 01:16
原誠様

訪問、ありがとうございます。

サッカーも会社も、組織としてのチームプレイは必要ですね。

職場の、適材適所としての役割を、認識してまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年02月18日 01:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。