2013年02月28日

「れ」と「ら」の違い


今日は、好んで読ませて頂いているメルマガから、文章の一部分を紹介致します。





【「れ」と「ら」の違い】



計画を立てたとする。その段階では、「よし、絶対にやり遂げるぞ!」とやる気になっていたのに、何かの事情で、やっていなかったら、怒り心頭するだろうか?

そんな時にこう言うんだ。
「やれませんでした」

何かの事情があって、「やれなかった」と言う。

しかし、実態は、「やれなかった」のではなく、「やらなかった」のだ。

やらなければいけないとわかっていながら、しなかったのだ。
それを「やらなかった」という。

決して「やれなかった」のではない、「やらなかった」のだ。

自分に言い訳を許してはならない。
他人の三倍自分に厳しくて、ちょうどいいくらいなのだ。


他人との約束には、厳しいが、
自分との約束には、甘いのが、人間の常なのだ。

そして、他人には、評価が厳しいが、自分には、評価が甘い、
これも人間の常なのだ。


「春風秋霜」
他の人には春の風のようにやさしく温かく、自分と対峙する時は秋の霜のように厳しく





※身に、つまされました。

この、わずかな一字のひらがなの違いは、とてつもない大きな違いであることや、自分自身に向けて、もっともっと厳しくしていかねばならないことを、知りました。



この記事へのコメント
これはすごいことですね
「やれなかった」のではなく、「やらなかった」の違いを・・・

一字の違いがこんなにも違ってくるものですね
これからも自分に厳しくして対処していきます
ありがとうございました。
Posted by 進藤幸男 at 2013年02月28日 09:58
自分には甘くなりがちです。私も甘いです。気を引き締めます。
Posted by 原誠 at 2013年02月28日 20:49
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

すごいことだと、思います。

「やらなかった」という事実を、しっかり受け入れることが出来れば、それが成長に繋がると思います。

自分に厳しくしていくことを、頭の隅に入れておきたいです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年02月28日 22:50
原誠様

訪問、ありがとうございます。

自分には甘くなりますね。気を引き締めて、まいりましょう。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年02月28日 23:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。