2013年03月18日

IKKOさんの“断捨離”



今日は、フリーペーパー『ラーラぱど3月号』から《美のカリスマIKKOの愛をこめて》を、一部要約(削除)して紹介致します。





新しい年度の切り替えが目前に迫った3月だからこそ、私はココロと身体の“断捨離”をします。

人は経験したものや考えたことをしまっておく、心のタンクを持っています。それが蓄積物で溢れていたら、新しいものが入りません。新しいものを取り入れようと思ったら、自分にとって必要なものをどれくらい残し、不要なものをどれくらい捨てるか、都度考えていかねばなりません。

これが私にととっての“断捨離”です。断捨離するとき、誰かから意地悪されたという経験がやっかい。意地悪の行為の裏は、人間の傷みやマイナスな感情。それをダイレクトに受け止めすぎると、打ち勝とうとして自分のほうが意地悪になってしまうのです。この気持ちが自分を汚くしていくと理解した上で捨ててしまうのがベストです。

“断捨離”は、ものを捨てるだけだと理解している人がいますが、違います。それではどんどん貧相になっていってしまいます。新しいものを入れるスペースをつくるために捨てるので、注意が必要です。

“断捨離”のやり方、タイミングは人それぞれ。私のウォーキングが、心と身体の“断捨離”タイムです。循環をよくすることが、次へのステップへ進むための下準備になるというわけ。

あなたの心が一番、すっきりとリセットされる方法を、ぜひ見つけてみて。





※家のタンスや、机の引き出しと、一緒だと思っております。

『捨てる勇気』を、いかに持ち実行出来るかに、かかっていると思います。



この記事へのコメント
「断捨離」・・・
頭の中も書庫も収納庫も満杯になっています。
捨てることの勇気と大切さは理解をしているのですが・・・

捨てる勇気も大切ですが、いつか必要かもと考えてしまいます。
年齢とともに頭の中をスッキリするために捨てないと新しい情報が入らない
Posted by 進藤幸男 at 2013年03月18日 08:48
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

私の身辺も満杯になってしまっています。

捨てる勇気と「いつか必要かな」と思う気持ちに、グラグラしてしまいます。

新しい情報を入れる為に、勇気をもって捨てるように致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年03月18日 10:58
捨てる勇気がまだないです。将棋はアマ強豪で、プレーヤーとして鍛錬し、全国大会優勝となれば、奨励会3段試験が受けられます。作家はプロの端くれで、もっと仕事を増やしたいと思っています。広告業を捨てれば、一家が路頭に迷います。教室を捨てることも考えます。9月の誕生日までに捨てるものを整理したいです
Posted by 原誠 at 2013年03月18日 20:25
原誠様

訪問、ありがとうございます。

将棋・作家・広告業の三足のわらじの中で、何かを無理やり捨てることはないと思います。

3つの中の一部分を捨てた時、なっている自分をイメージしたら、必要か否かがわかるような気がします。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年03月19日 07:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。