2013年03月20日

アメリカの医療費



今日は、親しくさせて頂いている社労士の方のセミナーに、参加した時に頂いた資料の中身の一部から『アメリカの医療費』です。





『アメリカの医療費』


「アメリカの医療費は、日本に比べて非常に高額です。その中でも、マンハッタン区の医療費は同区外の2倍から3倍とも言われており、一般の初診料は150ドルから300ドル、専門医を受診すると200ドルから500ドル、入院した場合は室料だけで1日約2千ドルから3千ドル程度の請求を受けます。1日の入院室料だけで、ニューヨーク圏中間給与所得者の1ヶ月分の月給(税込み)またはそれ以上に相当する訳です。処置・手術では急性虫垂炎で入院・手術(1日入院)を受けた場合には、1万ドル以上が請求されていますし、歯科治療では、歯一本の治療につき約千ドルと言われています。」(在ニューヨーク総領事館HPより)





※如何でしょうか!

この現実を、どうとらえますか?

「日本は国が負担してくれてるから、良かった!」という問題では無いような、気がしています。



この記事へのコメント
医者にかからぬように毎日の健康生活を心がけると私なら思います。
Posted by 原誠 at 2013年03月20日 08:55
日本の国家予算の中に占める医療費の割合は高くなっています
高齢者の医療制度も世界の中でも日本は優遇されています。

やはり、健康管理に気をつけて医療費の削減に寄与したいものです。
Posted by 進藤幸男 at 2013年03月20日 13:34
原誠様

訪問、ありがとうございます。

『医者にかからぬように毎日の健康生活を心がける』と、普通は思います。

ただ、残念なことに、『医者にかからないような健康生活の“具体的方法”』が、わからない場合が多いです。

そのあたりは、私は知ることが出来て、実践していますので、別途ご相談くださいね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年03月20日 16:19
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

国家予算内の医療費の割合は、相当高くなっています。

医療制度が日本は優遇されているという中で、あぐらをかいていたら、思わぬしっぺ返しがあると、思います。

医療費の削減に向け、具体的な活動を加速していけるよう、頑張ります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年03月20日 16:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。