2013年03月28日

視点が“素晴らしく違う”話



今日は、仕事仲間の方から頂いた本『名言セラピー』(ひすいこたろう著、株式会社厚徳社)から、はじめに書かれている「3秒でしあわせになれるの?」の一部が、いい話でしたので紹介致します。





91年の秋の話です。
台風が次々に上陸して、青森県のリンゴが9割も落ちてしまいました。

作ったリンゴの9割が売れなくなりましたから、リンゴ農家の人は、肩を落として嘆き悲しみました。

テレビでも連日やっていましたから、知っている人も多いと思います。

しかし、このとき、嘆き悲しまなかった人がいるのです。

大丈夫、大丈夫と。

なぜリンゴが落ちて売れないのに大丈夫なのでしょうか?

こういうことでした。



「落ちなかったリンゴを『落ちないリンゴ』の名前で受験生に売りましょう。1個1000円で」



すると、高いのに飛ぶように売れました。
「落ちないリンゴ!」と受験生もとても喜んで食べました。


その方は、下に落ちた9割のリンゴに意識を向けず、落ちなかった1割のリンゴを見ていたのです。



視点が違ったのです。


視点が違ったのです。


視点が違ったのです。





※この本から初めて採り上げますが、最初の冒頭文が、これでした。

思わず、見事な考え方だと、脱帽です!

この柔らか頭・・・現代の凝り固まった思考に、必要です。



この記事へのコメント
農家の皆さんが丹精込めて作ったのに・・・
台風の上陸で、作物が全滅してしまえば農家の皆さんはガッカリします

また、青森県のリンゴが9割も落ちてしまった
自然災害の怖さですね・・・
Posted by 進藤幸男 at 2013年03月28日 10:18
牧野さん、日々のブログ更新、おつかれ様です。

この書物、先日、尼崎のMさんからお借りして読んでいます。

見方や視点を変えること、大事ですね。
Posted by 石田和之 at 2013年03月28日 20:25
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。返事が遅くなり、申し訳ありません。

農家の皆さんが丹精込めて作ったのが、台風という災害で、一気にやられてしまいました。

9割の失敗より、1割の成功・・・ここの見方を大いに学びます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年03月30日 06:15
石田和之様

訪問、ありがとうございます。返事が遅くなり、申し訳ありません。

私もこの本、尼崎のMさんからです。

見方や視点を変えることが、とてつもない成果を産み出します。

本当に大事です。どのような物事でも、この思考でいきます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年03月30日 06:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。