2013年04月16日

大きな動物と接する効用とは?



今日は、3月3日読売新聞から『不思議と力がわく』を、紹介致します。





枚方セラピー牧場を運営するNPO法人「ホース・フレンズ事務局」の理事長、芦内裕実さん(53)に、大きな動物と接する効用について聞いた。

「大型動物と一緒に過ごそうとする時、人は優しい気持ちになる。馬は特に臆病なので、威張っている人には近づかない反面、弱っている人の奥深い部分を読み取り、寄り添ってくれます」

芦内さんは10年ほど前、病気で心身共に元気を失った時期があった。「馬に抱きついたり、並んで歩いたりすることで不思議と力がわいた。美しいフォルムと優雅な動き、温かい体と澄んだ目に触れるだけで心が和みます」

動物がのびのびと暮らしている場所は、人間にとっても安心できる環境と言える。芦内さんは「動物を介して他の来訪者と交流することで、人の輪も広がります」と勧めている。





※『威張っている人には近づかない反面、弱っている人の奥深い部分を読み取り、寄り添ってくれる』・・・この表現に、馬のもつ癒やし効果を感じました。

大型動物には、人間が身体を預ける安心感が、あるのかもしれませんね。



この記事へのコメント
動物がのびのびと暮らしている場所・・・
このような場所は心が安らぎ気持ちも落ち着きます。

やはり威張っている動物には近寄らないものです
それが人間関係にも学びと関連してきます。
ありがとうございました。
Posted by 進藤幸男 at 2013年04月16日 08:19
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

動物にも、心の安らぎや、逆にストレスも受けると思います。

心の落ち着いている動物は、人間に癒やしを与えてくれます。

人間は、動物と触れ合うことで、精神的に徳をもらっていると、思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年04月16日 18:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。