2013年04月27日

「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」の境目


今日は、インターネットの中に出ていた『リコーコミュニケーションクラブ』というサイトから《おはよう、こんにちは、こんばんはの使い分け、その境目は?》を紹介致します。





「こんにちは」と「こんばんは」の境界線(境目)の目安は日没です。

日没以後が「こんばんは」ですね。ただ日本列島は縦に長いし、季節によっても違うので便宜上平均的に考慮して午後5時を基準にしているとのことです。

また、「おはよう」と「こんにちは」の境目は午前11時だとのことです。

したがって、午前11時〜午後5時までが「こんにちは」それより前が「おはよう」後が「こんばんは」ですね。

ただ、これはあくまでも基準というか目安ですから夏の6時ごろまだ明るいときは「こんにちは」でもいいですよ、とのこと。

多くの皆さんは常識としてはここまでを覚えて頂ければ良いです。ただ、「おはよう」が11時までというのには皆さんの中には違和感(異論)がある人もいそうですね。近くの方と議論してみてください。





※さて、如何でしょうか!

午前11時に違和感は、ありますか?

私は、午後5時に、ちょっと違和感があります。こちらは、なんとなく「まだ、明るいやんか〜!」と、思ってしまいました。

あくまでも‘便宜上’とのことなので、気にしすぎることは、ないかもしれないですね。



この記事へのコメント
昨日はお世話になりました。
美味しい食事もご馳走になりありがとうございます。

「こんにちは」・・・
ビジネスで出会う人達とは早朝や夜以外は使っています。

太陽が沈んだ時から「こんばんは」にしています。
「おはよう」の境目は難しいですが午前10時頃までには使います。
Posted by 進藤幸男 at 2013年04月27日 08:27
ごあいさつの境目の時間があるのですね。襟を正します。
Posted by 原誠 at 2013年04月27日 15:11
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

こちらこそ、昨日はお世話になり、ありがとうございました。

「こんにちは」を使う時間帯は、長いですね。

太陽が沈んだ時からの「こんばんは」は、解りやすいですね。

「おはよう」の境目が午前10時頃までというのは、私もそんな認識でした。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年04月28日 01:39
原誠様

訪問、ありがとうございます。

境目の時間を知り、襟を正すことは、大切ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年04月28日 01:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。