2013年04月29日

一部の野球選手が悩む症状


今年1月の新聞に、野球に携わるある方からの手記が載っていました。


それは、甲子園で優勝し、東京六大学でも首位打者を獲得した野球選手の悩みでした。


彼の悩みは、子供の時からありました。キャッチボールなどで軽く投げようとすると、指先に過度の力が入り、悪送球してしまう・・・この症状は“イップス”と呼ばれていて、特定の動作時に、意思に反して筋肉に過度の力が入る『ジストニア』という病気の一種です。これは原因不明だが、ストレスの付加が強いと発症や悪化に繋がると、言われています。


これを「気持ちの問題」と誤解する指導者が多く、同じ練習を繰り返させ、状態を悪化させる例が少なくありません。


エラーの恐怖は頭から離れず、試合前日は一睡もできなかったそうです。この恐怖心を抑え込むため、球場では誰よりも声を出し、はつらつとプレーしました。


その方の名前は、中村寿博さん。彼は指導者の道を選び、日本文理大学を2003年に大学日本一に導きました。


同大野球部でイップスの経験がある部員は、軽い症状を含めると2割以上。これを早く見抜き、練習で苦手な動作をさせなかったり、イップスの投手にはゴロを処理させない内野フォーメーションをつくるなど、個々の才能を伸ばせる環境づくりをしています。





※野球選手にあると、聞いたことがある症状『イップス』。この病気にも、ストレスが関係しているようです。

世の中から、過度のストレスが引き起こす病気が無くなることを、祈ります。



この記事へのコメント
ストレスと上手く付き合うように努めていますが、難敵です。それでも緩和することはできます。私は、好きなことをする。好きなことを妄想することで難敵と闘います。本日、ナゴヤドームで巨人の坂本ファンの次男と野球観戦。3塁側内野席で私は白い帽子をかぶっています。
Posted by 原誠」 at 2013年04月29日 08:21
「イップス」・・・
野球選手に限らずスポーツをする選手が悩む病気だそうです。

極度の緊張感とか責任感の強い人に症状がでると言われています。
原因は不明ともいわれる難病ですが上手な「気分転換」が大切です
元中日ドラゴンズのコーチから聞いたことがあります。
Posted by 進藤幸男 at 2013年04月29日 08:50
多少、野球をかじった事のある者として。

イップス、似たような症状は、恐らく全ての選手か感じた事かあると思う。緊張とかで表す事もあると思う。

野球とはプレーとプレーの間があるスポーツ。この間に「失敗したらどうしよう」などと考えてしまうから、失敗してしまう。
元広島の衣笠選手は、全ての練習につぎ込んて、「もうこれ以上どうすりゃいいんや」という心境に追い込んで、克服したそうです。

いまだに克服出来ないのが、私です。
Posted by 塚本拓海 at 2013年04月29日 10:57
多少、野球をかじった事のある者として。

イップス、似たような症状は、恐らく全ての選手か感じた事かあると思う。緊張とかで表す事もあると思う。

野球とはプレーとプレーの間があるスポーツ。この間に「失敗したらどうしよう」などと考えてしまうから、失敗してしまう。
元広島の衣笠選手は、全ての練習につぎ込んて、「もうこれ以上どうすりゃいいんや」という心境に追い込んで、克服したそうです。

いまだに克服出来ないのが、私です。
Posted by 塚本拓海 at 2013年04月29日 10:58
原誠様

訪問、ありがとうございます。

ストレスは、誰にでも多かれ少なかれ存在します。いかに体がダメージを受けないようにするかです。

好きなことを『する』『妄想する』ことは、大切です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年04月29日 19:28
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

「イップス」は意外と沢山の人が悩む病気なのですね。

『極度の緊張感とか責任感の強い人に症状がでる』・・・誰もが、なっても不思議ではないと、思います。

上手な気分転換は、どんな人にとっても大切ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年04月29日 19:36
塚本拓海様

訪問、ありがとうございます。

全ての選手が感じた事があるのが、イップスなのですね。

ずっと動き続けているスポーツでない野球だからこそ、症状が出てしまうのかもしれません。

「失敗したらどうしよう」などと考えてしまうことのない、強い精神力を育てた時、失敗から遠ざかることが、できるのですね。

「もうこれ以上どうすりゃいいんや」という境地に自分を追い込むのは、克服出来る、手立てですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年04月29日 19:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。