2013年04月30日

サザエさんの新キャラが大人気の理由



今日は、定期的に配信されるメルマガから、週刊ポスト4月26日号の、サザエさんネタを要約して紹介致します。





4月7日に2200回という前人未到の放送回数を達成した『サザエさん』(フジテレビ系)。その日の1時間記念スペシャルに、一般視聴者から「大工のジミーが出ないとは、どういうこと?!」との不満が上がった。


ジミーとは、大工の棟梁の弟子として一昨年よりサザエさんに登場した新キャラ。茶髪にヘッドホン、大工らしからぬ襟付きベストという派手なファッションに身を包み、本名は金次郎なのにジミーと呼んでほしいチャラ男風の設定は、古くからのサザエさんファンの度肝を抜いた。


古き良き日本でないとか、サザエさんの世界観ではないという批判も寄せられたが、ジミー人気は徐々に広がった。


毎度ジミーが棟梁や波平らに叱られることで、非常識な若者から成長するさまが人気を呼び、ジミー登場回には「ジミー、キター!」とインターネットでプチ祭り状態になるほど。それだけに記念スペシャルに出なかったのは、がっかりというわけだ。


『サザエさん』の元プロデューサーで作家の大橋義輝氏は人気の理由を、こう言う。


「大工のジミーは、見た目はチャラい若者だけど、叱ってくれた棟梁や波平を尊敬する。ちゃんと叱れば若者は慕ってくれるんだ、という年配者たちにとって夢みたいなことを叶えてくれたから、評判がいいんじゃないでしょうか。」





※たまたま、このジミーをまだ見たことがない私ですが、この文章を目にして、会いたくなりました。

こうしたキャラクターが出てくる時代なのかなと思いましたが、人生経験豊富な先輩方の叱咤激励で、人間力を創っていく若者の姿を映し出すのは、サザエさんという国民的長寿番組の素晴らしさだと、感じました。



この記事へのコメント
「大工のジミー」・・・
テレビのサザエさんを見た人には印象に残っていると思います。

何んとなく今の時代のチャラい若者のようなのですが・・・
先輩や上司などが叱ってくれた相手や人を尊敬するのです。
それでも、スペシャル番組には出てきませんでした。
Posted by 進藤幸男 at 2013年04月30日 07:33
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

サザエさんに、このようなキャラクターが出ることを、誰が想像したでしょうか。

このタイプの若者が、先輩や上司などが叱ってくれたことに感謝するという行為に、視聴者が感銘を受けるのだと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年05月01日 08:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。