2013年05月12日

代わる言葉を使うと伝わる!


今日は『人と話すのが好きになる本』(風詠社、森田実知夫とその仲間達著)より《あいさつ》の中からいくつか要約して紹介致します。





◆「ありがとう」に代わる言葉を使いましょう


「ありがとう」は美しい日本語のひとつです。感謝の気持ちをそのまま表す言葉であるからです。でも、より一層感謝の気持ちを伝えるには、どのように表現したらいいでしょう。相手やその状況に応じて言葉や表現を考えましょう。



「そんなふうに言っていただいて“光栄です”」

「“うれしいです”。お言葉に甘えて、よろしくお願いします」

「“かたじけない”。助かったよ」

「君にほめてもらえるなんて“幸せだな”」



★ポイント・・・「ありがとう」の代わりに色々な言葉を使うことで、感謝の気持ちをより相手に伝えることができます。「笑顔」で声のトーンや抑揚をつけて話しましょう。





※感謝の意を、どのように表現しようか、いつも考えています。

「ありがとう」を多用することも良いですが、別な表現は、相手をより喜ばせたり感激してくれる要素になると、思っています。



この記事へのコメント
「ありがとう」
毎日、30回を目標にして「ありがとう」を言っています。

最近は、「うれしいです」も使うようにしています。
相手に対して印象に残るような言葉は大切になります
これからも、「ありがとう」と「うれしいです」は使い続けます。
Posted by 進藤幸男 at 2013年05月12日 08:58
感謝の一語につきます。こんな表現を誠実に相手に話します。
Posted by 原誠 at 2013年05月12日 16:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。