2013年05月24日

過去の言動が種

今日は、いつも読ませて頂いているメルマガからです。





人間は悠久なる時の流れの上で生きている。

宇宙が出来たのが137億年前。
地球ができたのが 46億年前。
人間が生まれたのが、400万年前。

その中のたった100年弱を生きるのが、我々人間の一生だ。

人間は、過去、現在、未来と生きていく。

自分の人生を考えると、過去の言動が種となり、それを現在の自分が刈り取り、その実を食べて生きている。

現在は過去の言動で決まり
未来は現在の言動で決まる

我々は、自分の未来のために、今、この瞬間を生きながら、種を蒔いているのだ。





※実に、素晴らしい文章だと思います。

現在、幸せなのは、過去の努力の積み重ねのご褒美です。

輝く未来にしたければ、現在進行形で、精一杯生きることだと感じます。



この記事へのコメント
現在は過去の言動で決まり
未来は現在の言動で決まる・・・すばらしい言葉ですね

いかに言動が大切かを知りました
この大切な言葉を心に秘めて言動には気をつけながら頑張ります。
Posted by 進藤幸男 at 2013年05月24日 06:53
言動は大切です。直木賞作家を目指して、30年。地元で発行するお便りにコラム執筆の仕事が入った程度で、まだまだビッグタイトルは獲れません。それでもあきらめることなく頑張ってきたから、書き物でお金が頂けるようになれました。
Posted by 原誠 at 2013年05月24日 14:04
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

私も、すばらしい言葉だと感じます。

言動が大切であるのは、普段扱う言葉で、思い知っています。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年05月25日 06:20
原誠様

訪問、ありがとうございます。

あきらめないことは、重要だと思います。

あきらめない先には、良い答えがあると、無骨に信じてしまう自分がいます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年05月25日 06:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。