2013年05月25日

やりすぎ広告ランキング


今日は、インターネットを物色していたら、出てきた面白い内容です。





新聞の折り込みで、あるいは雑誌の後ろの方をめくるとひょっこり出てくる、なんともインパクトのある広告。今回は思わず笑ってしまうような「やりすぎ広告」はどんなものか、みんなに聞いてみました。

(中略)ランク・インしたような広告は暇つぶしに眺めるにはもってこいですが、あまりに悪質なものは日本広告審査機構(JARO)に訴えて、改善指導してもらった方が世の中のためかも。同時に読者としても広告表現をうのみにせず、内容を冷静に吟味する目を養う必要がありそうです。





《思わず笑ってしまう、やりすぎ広告あるあるランキング》



1位:どう考えてもムリがありそうな「○日で○キロやせました」とうたう広告

2位:使用前、使用後でモデルが別人になっている広告

3位:写真加工をしすぎて原型を留めていないタレントの広告

4位:ダイエット前後で髪型、メイク、服装が違うために単純に比較できない広告

5位:写真の角に小さな文字で「※写真はイメージです。」という断り書きがある広告

6位:札束風呂に浸りながら「私はこれで儲かった」と言っている広告

7位:歯が異常に白くなる歯磨き粉の広告

8位:白くなりすぎな洗濯洗剤の広告

9位:実物の倍ほどのボリュームがあるハンバーガーの広告

10位:睫毛が完全にCGなマスカラの広告





※作り手側は、真剣なのだと思います。

正しいモノを、正確に観る眼は、必要なのかと思います。



この記事へのコメント
「やりすぎ広告」・・・
私も、在職中に広告宣伝部長を担当していました。

広告宣伝の難しさは理解しています
誇大広告はダメですがどうしても宣伝効果を狙ってしまいます。
正しく見る目も大切になりました。
Posted by 進藤幸男 at 2013年05月25日 06:58
広告の仕事もしています。人目を引くのが広告の役目なので、クライアント側の欲望が文字の大きさひとつにも表れます。消費者側が、躍らせられないことが大切です。まず疑ってみるところから分析すれば、騙されないはずです。
Posted by 原誠 at 2013年05月25日 13:41
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

広告宣伝の難しさは、相当あると思います。

宣伝効果を狙うがゆえの悩みですね。

正しく見る目、つけてまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年05月26日 07:32
原誠様

訪問、ありがとうございます。

確かに、クライアント側の欲望・要望が、文字や絵の大きさに表現されますね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年05月26日 07:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。